2009年01月26日

佐藤大輔氏の「桜庭 vs 田村」煽りVTR批判など、ここ数日の格闘技ニュース雑感

格闘技・プロレスの最新ニュースはプロ格ランキング


こんにちは、朝青龍です(優勝おめでとうございます)。前回エントリーでロングスパッツ問題を取り上げたところ、マジメなコメントが多数寄せられました。ありがとうございます。誤解されている方もいらっしゃるようですが、おも格は「競技原理主義者」「ガチバカ」などではございません。

・公平なルール制定と公平なレフェリング、ジャッジ
・怪我人や、ダウンを食らったばかりの選手は試合に出さない(そんなことでヒヤヒヤしたくない)
・体重差の大きなカードはなるべく組まない(組むならそれなりの特別ルールで)


僕が期待してるのは、主にこの3点のみ。ショー格闘技(興行)とはいえ、土台となるのは「競技」なのですから、最低限の規制はやろうよ、それを守ろうよ、というスタンスで、むしろ規制緩和主義者。しっかりと土台を守ってくれるなら、マスクを被ろうが全身スパッツであろうがOK。というか、そういうオモシロイの、好きです。

・・・ということで、前置きが一番長くなりましたが、ここ数日のプロ格ニュースから気になる話題をピックアップ、雑感を。



★ アフリクションとIGF
武道的な精神論になるけど、最後は相手を壊してしまえるかどうか。実際にそこまでやっちまうかは別として、です。ギリギリの攻防の中で、この覚悟があるヤツは強い。格闘技に限らず。僕はこれを「人間力」と言ってしまいたい。ヒョードルなら、マスクを被って試合をしても、ズレを直す隙をつかれるなんてミスはしないだろう。

彼の殺気が際立ったアフリ。次大会では、なんとヒョードル vs ジョシュが実現するかもって話。けれどもアフリって、出場選手がとんでもなく豪華なのに、物語が伝わってこないので感情移入がむつかしい。ここらへんは IGFと被る。TUFが認知されてる UFCは、こういうところでも強いなあ。それにしても、ヒョードルにせよアイブルにせよ、RINGSでトップを取ってからもう10年近く経つんですかね? あの頃より選手層は格段に厚くなっているのに、まだ超豪華興行の看板選手。この寿命の長さは何なんだ。


★ 桜庭 vs 田村の煽りVTRはワシも不愉快だったよ
あえて佐藤大輔に苦言を呈する by 思考遊戯さん
仲の良いお友達(青木、川尻、石田)が人気者になる様に、
ファンをコントロール(洗脳)する程度ならいい。
その程度なら可愛いもので、全く問題ない。
新日本プロレスを知らない人間が、格闘技とプロレスの関係を語るな。
UWF、インター、RINGSを知らない人間が真剣勝負論を語るな。

貴方は、神かもしれない。
だが、思い上がるな。

今、僕がもっとも好きな雑誌「格闘技通信」などで、前田日明さんはじめUWFやRINGSに関わった選手たちが「桜庭 vs 田村の煽りVTR」を批判。同様に、不快感を表明するファンブログもいくつか見かけた。あの煽りVについては僕もリアルタイムで呆れてました。芯が伝わらず、思わせぶりで、サブリミナルごっこ満載な上に、ただただ冗長。それが試合に必要だったらまだしも、ね。とはいえ、そもそもテーマを見出すのが難しいカードであったし、僕は佐藤大輔氏だけが悪いとは思わないんだけど、いずれにしてもあのような煽りVを平気で楽しめる人間でなければ、PPVや生観戦はキツイんだな、と感じたのは事実。

DreamやDynamite!!を楽しみにしているのは何も旧PRIDEファンだけではない。それを知った上で、客を選んでるということなのかね。PPVで見てるワシだって、雰囲気さえよければ会場観戦もしてみたかったんだけどさ。Dynamite!!に関しては、地上派もざっとチェックした。試合カットも少なく、煽りVも簡潔で見やすかったよ。だからこれからは、同じ演出陣が手掛けるDreamについては地上派で見ようかな、と。


★ Dream地上派縮小へ
ところが今年のDream地上派中継、ゴールデンタイム中継の回数も減り、関東限定だったとはいえ土曜夕方の放送も中止とか。HERO'Sやめた意味ないやん。


★ THE OUTSIDER チケット情報
こちらは上り調子。3月15日に両国国技館で開催される THE OUTUSIDER次回大会チケット、2月4日より発売。今度は映画クローズZERO2とのタイアップ。小栗旬らのファンも大挙押し寄せたりするんだろうなあ。なお、選手募集は2月13日、バレンタインデー前日に締め切りとのこと。出場希望者はそろそろ検査とか受けといたほうがいいと思うよ。


★水道橋博士が前田日明への熱い思いを綴る
なんと、お子さまに「アキラ」と名づけたとか。その他、あまりにも熱い思いが溢れる文章。泣かせるぜ。。。
博士の悪童日記
産経新聞に前田日明さんの誕生日の記事 by カクトウログさん


★ K-1MAX 渡辺一久が楽しみ
アウトサイダーな渡辺一久の試合っぷりが楽しみなK-1MAX。渡辺選手について、ブログ「K-1心中」さんが取り上げられています。こちらのコメント欄によれば、渡辺はもともとMMA志向が強い選手ということ。軽量級の著名選手がまだまだ少ない総合にとって、オファーをかけたくなる存在となれるかどうか。

おなじくMAXに出場する長島☆自演乙☆雄一郎は、NJKFの試合会場でサイン会を開くも不発。って、そんなことがニュースになるんだから大したもんだ。K-1が終わったらオフ会を開くとブログで宣言。関西でやるなら参加したいなあ。


★ 公武道TV今夜はスペシャル座談会
三島☆ド根性ノ助と光岡映二が出演とのこと。今夜23時。光岡に聞きたいことがいろいろあるけど、生チャットに間に合うかなあ。


最新情報、試合結果は→プロ格ランキングへ。応援よろしくお願いします。

posted by おも格 at 13:18| Comment(16) | TrackBack(4) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>それを知った上で、客を選んでるということなのかね

客を選びすぎて、客入りがガタ落ち
ダイナマイトで実券買ったのは1万人以下というw
Posted by ララー at 2009年01月26日 14:40
>それを知った上で、客を選んでるということなのかね

客を選びすぎて、客入りがガタ落ち
ダイナマイトで実券買ったのは1万人以下という
Posted by ララー at 2009年01月26日 14:41
旧PRIDEスタッフはDREAMを潰したいんですかね?
PPVの宣伝Vもホント酷いですよ。
Posted by   at 2009年01月26日 16:17
プライド時代の佐藤は昔はいいVを作ってたのではないですか?
ミノワマンシリーズは好きでしたよ。
Posted by みや at 2009年01月26日 18:20
塾長シリーズ好きだったなあ。
ただ多くの人に不愉快さを与えるようなのは避けてほしいですね。
Posted by ドン at 2009年01月26日 19:13
塾長シリーズは俺も好きだったなぁ
最近の佐藤はカミプロと一緒で、楽屋落ちみたいなのが不快
身内でニヤニヤ笑って喜んでそうだ
Posted by るー at 2009年01月26日 20:22
煽りVについては、何興行内でいじり合ってんの?ていうのが正直な感想です。
FEG傘下に入ったくせに「FEG臭が全然しね〜」とか「大晦日は紅白みろ!」とか言ってんのがなんとも腹が立ちます。

DREAMの煽りは基本選手で遊んでる感があります。武蔵ムサシとかも何がしたいの?って感じだった。
なんか遊べる環境をもらってはしゃいでる子供みたいで、煽りの質がどんどん悪い方向に行っている。

シュルトの煽りで「そんなに嫌なら最初から参加させなければいい」という感じのセリフを言ってましたが、それはまさしくアンタらのことだろと。
そんなに嫌ならさっさと辞めろよと思うし、最初から仕事受けんなよという感じです。
Posted by ヒカルド・ザルーナ at 2009年01月26日 20:54
まあリングスとか新日本とかは正直どうでもいいけど、単純につまらなかったね。
dreamでもオープニングVは結構格好良いのが多かった気がするけど、煽りVで良かったってのはあまり無いね。
サクタムは煽りも試合もつまらなくて拍子抜けだったなあ。
試合がつまらないのは、体調的な事情もあるし、やってみないと判らないってのもあるから仕方ないけど、煽りの時点で多くの人を冷めさせたのは大きいね。
もうこういう風な幻想を膨らませるやり方も限界かな。
UFCという圧倒的なリアルがある訳だし、そこに目を瞑っても幻想なんか膨らむはずはない。
青木とか身内感アリアリな選手をやたらプッシュするのも、なんだか不快感を生む。
実際青木プッシュに世間は全くついて言ってない訳だし、今後はいろいろとやり方を変えないと駄目だろうな。

最近の戦極のVは、シンプルでコンパクトでまあまあ判り易くて中々いい感じ。
Posted by 魔裟夫 at 2009年01月26日 22:19
最近の戦国の煽りはいいですよね。
好みはあるけどシンプルな方がいいです。
Posted by ◎ at 2009年01月26日 22:41
おも格さんは確か元々は佐藤の事を買ったんですよね。
俺はD2の船木対桜庭の煽りVは良かったですよ。
あれも長かったけどダイナマイトのはどこ見ても評判悪いですね
Posted by 田無 at 2009年01月26日 23:44
はじめまして。
UインターもリングスもPRIDEも通過してきた人間ですが、
桜庭田村の煽りVには不快感と言うより違和感の方が強かったです。
何か筆が走り過ぎ、っていうか。
昔からのファンでなおかつPRIDEに思い入れの有る人限定っていうか
(自分はそうなので、結構楽しんで見てしまってたりする)

DREAMはPRIDEの延長線上にあるイベントだけど、
リングスのそれではないので、真剣勝負どうこうを俎上に載せるのは
やはり無理があるのでは。



Posted by 唐辛子せんべい at 2009年01月27日 02:41
大体、長すぎなんですよ
昔からのファンでさえこれなのに、桜庭や田村に思い入れのないファンにとっては何の意味もない
不愉快以前の問題ですよ
Posted by at 2009年01月27日 10:49
知らないファンが見たら、田村はリングスで八百長しかやってないように思われてしまう
実際は違うでしょ?
確実に真剣勝負のヘンゾ戦の映像を入れてアリバイ作りしてるのが姑息で気持ち悪かったです
俺も二度とPPVは買わない
Posted by あれではね at 2009年01月27日 13:10
コメントありがとうございます。煽りVへの意見ばっかり、しかも擁護が一人も無しで、納得半分、驚き半分です。

●ららーさん
今のやり方で成功しているならまだしも、そうじゃなさそうですしね。

●空白さん
PPVの宣伝Vもすごいですね。僕はファンだからいいんですが、TBSの人はさぞかし不愉快なことでしょう。

●みやさん
ミノワマンシリーズおもしろかったですね。今も続いてますけど。

●ドンさん
熱を生むのが目的なんでしょうけど、ノレないファンも多いですからね。

●るーさん
楽屋落ちみたいなのが不快というの、おんなじです。

●ヒカルド・ザルーナさん
大変厳しい意見ですが、そう思われても仕方がないことをやってると思います。

●魔裟夫さん
いい映像もあるんですよね。宇野が出たときのオープニングなんか鳥肌が立ちました。戦極の煽りVは最近、すごくいいですね。

●◎さん
僕もシンプルな方がいいと思ってます。

●田無さん
選曲なんか、今でも佐藤さんはセンスあると思いますよ。船木 vs 田村の煽りは神でしたね。あれが評判良かったからこうなったのかな。

●唐辛子せんべいさん
PRIDEファンだった人も、そういう意見をお持ちというのがおもしろいと思いました。真剣勝負云々にはちゃんとフォローが欲しかったですね。あれでは田村がRINGSでそういう試合を全くやってないみたいに思われそう。

●空白さん
短いほうがいいっすね。

●あれではねさん
思わせぶりで、へんな情報を刷り込ませようとするみたいなカンジがして気持ち悪かったですよね。
Posted by おも格 at 2009年01月28日 12:31
佐藤大輔って、カリスマじゃないですか。
業界でも、彼に憧れる人は多いと聞きます。

それなのに…。
って感じで、逆に悲しいですよね。
彼のような才溢れる人でもこうなのだから、
知らない事を知ったかぶったら駄目だなって。
ちょっと、勉強になりました。
Posted by 思考遊戯 at 2009年01月28日 23:46
●思考遊戯さん
実際、映像とか音楽とかセンスは凄いものがあると思ってます。今回のは残念でしたね。僕は、今後に期待しておきます。
Posted by おも格 at 2009年01月29日 12:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113189985

この記事へのトラックバック

}76[FEh3CD8b80
Excerpt: 昨日、本屋に行ったらつい目にとまって見てしまいました格闘技関連本。結局立ち読み...
Weblog: 格闘技
Tracked: 2009-01-26 20:39

はじめ!!
Excerpt: こんばんわ!! 今日からおせわ?になります? のんきやさん♪です!! これからどうでもいいことなどを載せていくので、 宜しくお願いします!!
Weblog: のんきやさんの日記&プチショップ!!一言タイトル→お金を大事にしよう!!お金は大事にして福をもらい得して楽に暮らしをしよう!!そしてしあわせになろう!!!!
Tracked: 2009-01-26 22:49

h3CD8b80BFgFB
Excerpt: 昨日、本屋に行ったらつい目にとまって見てしまいました格闘技関連本。結局立ち読み...
Weblog: 格闘技
Tracked: 2009-01-27 05:48

h3CD8b80SC203C7e99
Excerpt: ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにも格闘技について書かれた記事...
Weblog: 格闘技
Tracked: 2009-01-28 08:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。