2008年11月15日

田村が最も輝いた日【動画あり】 ★ 大晦日&新年イベントを盛り上げ隊D

こんにちは。長島☆自演乙☆雄一郎です( ^ω^) 。(ごめんなさい)。

ということで、前回エントリーの続きの「おまけ動画」を。あと、気になるニュースをチョコチョコと。動画、アップしてくださった方に感謝!



★SRS最終回、田村が桜庭との対戦を受諾!

・前編



・後編



携帯の方は、こちらから視聴できるかも?できなかったらスミマセン
・SRS最終回・前編
SRS最終回・後編


・・・意外と仲よさそう!? たしか「二人で食事もしてる」と田村が著書で書いてたような。

関連記事
格闘技は永久に不滅です〜フジ『SRS』13年間の歴史に幕。桜庭和志と田村潔司は対戦を約束 by カクトウログ



★田村がもっとも輝いた日

RINGS ワールドメガバトルオープントーナメント King of Kings
準々決勝 田村潔司 vs ヘンゾ・グレイシー 2000年2・26 日本武道館



・・・伝説の入場。何も言うまいっ。

携帯の人、見られるかな? 上と同じ動画です。


他ブログから、おも格的にグッときた関連記事を2本。

大晦日決戦!田村潔司×桜庭和志 2人にしかできない試合・・・その1 UWF×グレイシー by スポーツ☆ちゃんぷる
冬の夜空でUWFが星座に昇華する☆彡タムタム&サクサク美味しい懐かしのお菓子はいかがですか? by チャイニーズアキ姫の日記


●上記の他にも「桜庭vs田村」への思いはいろいろで驚きました→プロ格のブログランキングへ



★そういえば

書き忘れてた。この試合、煽りVがどうなるか気になる。
前回エントリーで書いたように、この二人は長い年月をかけて「プロレス」をしてきたと僕は思っている。であるからこそ、田村と桜庭以外の人間には、できれば「乱入」してほしくない。

とはいえ、その「プロレス」の舞台はRINGSでありPRIDEであったのだから、それらの象徴である前田日明さんや高田延彦さんが揃って煽りVに出演するとなれば、それはそれで感慨深いものがあるんだけどね。ただし、前田さん高田さんのどっちか一人だけ登場っていうのは、歴史を振りかえる意味が半減する。

うーん。いっそ、煽りVなしで、上の動画で流れている「UWFのメインテーマ」で両者入場というのがスッキリしていいかもしんない。。。って、それだけだと僕らは感涙ものだけど、お茶の間の一般ファンには伝わらないかな?

はてさて、あの佐藤大輔氏がどう料理してくれるのか。ちょっとドキドキしませんか?

あと、ルールな。桜庭は素手での時間無制限勝負を提案し、田村は困惑中。これは桜庭流の「プロレス」なのか。田村は本気で困っているのか。そんなところも含めて、彼らはコトバで興行を盛り上げてくれる。

ありがとう桜庭。ありがとう田村。



★その他の気になる記事

S-cup2008 ジ・アウトサイダー谷山君参戦 by I Love 格闘技 オクタゴンガール 時々サッカー
・・・THE OUTSIDER 第壱戦で強烈なインパクトを残したあの伝説の男、谷山君こと与国さんが「浅草の熱血先生」と対戦。がんばれ谷山君!

DREAMフェザー級トーナメント開催へ by OMASUKI FIGHT
・・・格闘技雑誌「リアル・バトルトーク」のスクープ。それより気になったのは同記事内「大みそかの格闘技イベントで一番見たいのは?」。ショッキング。

秋山の相手候補は現在2人。一人は青木真也で・・・ by NHB news Pro
・・・正直、あんまりソソられないなあ。アングルを考えた人には申し訳ないが、「魔王 vs 正義の大黒柱」って特定のコア層以外とはシンクロしてない気がする。それか、ワシが変なのか?

・バダ・ハリを見に横浜まで行こう。 by かかとおとし



★次回更新は

次回更新はいつになるか分かんないけど、そのとき他にニュースが無ければ K-1について書くつもり。お題は「塩」。珍しく毒舌でいくかんな。首洗って待ってろ谷川さんよーっ!


プロ格ブログランキングへ長文を読んでくれてありがとう。



ラベル:RINGS Dynamite!!2008
posted by おも格 at 00:16| Comment(8) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リングを挟んで前田高田が対峙、リングスとインターとパンクラスの主要メンバーが試合後にリングインして握手。
そうなったら涙が止まらないわ。
夢です。
Posted by RYO at 2008年11月15日 01:52
田村と桜庭の仲だけはわからん
愛憎混じってるのかプロレスなのか?
Posted by あ at 2008年11月15日 02:12
UWFのテーマに全く思い入れのない世代です

新日の山崎のテーマという程度の認識でした

田村とこの曲はこんなにも愛されてたんですね

試合ではサクを応援しますが
Posted by at 2008年11月15日 11:38
コメントありがとうございます。

・RYOさん
そんないいシーン、人生の中で一度くらい見てみたいですね。

・あ
いろんな感情が混在してるのかもしれませんね。そして、常にファンを意識してそう。

・空白さん
特別ですね。Uのことはあんまり思い出さないけど、たまにこうして当時に触れると胸が切なくなります。それだけに、安っぽく「U」を使われると残念になることも。
Posted by おも格 at 2008年11月15日 13:51
Uを知らない人に説明するのは難しいでしょう。
Posted by ◎ at 2008年11月15日 17:35
僕も今日、たまたまこの入場シーンを観ました。
多分、この曲が流れたら泣くだろうなって思います。
Posted by 思考遊戯 at 2008年11月15日 20:48
ちゃ〜、ちゃ〜、ちゃ〜♪
ちゃ〜ちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃ〜ちゃ〜ちゃちゃちゃ
ちゃちゃちゃちゃちゃ〜ちゃ〜ちゃ〜ちゃ〜ちゃ〜♪
以外の入場はイ・ヤ☆
Posted by あゆ at 2008年11月15日 23:10
コメントありがとうございます。返信が遅くなっちゃった。

・◎さん
僕らの世代でも、手放しに喜んでいる人の方が少ないかもしれませんよ。意義を見出す試合ではない、そんな気がしませんか?

・思考遊戯さん
動画だけでも胸がジーンとなりますよね。生で流れたら、僕たちはどうなってしまうのでしょうか。

・あゆさん
ワ・シ・も☆
Posted by おも格 at 2008年11月19日 13:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

MMAビジネスのカタチ /ダナの髪がない理由
Excerpt: レスリング・オブザーバー最新号によると、先日のWEC37は視聴率0.5%、視聴者数49万7千という寂しい結果に終わっていたそうです。同じ週にNBCで放...
Weblog: OMASUKI FIGHT
Tracked: 2008-11-17 00:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。