2008年10月22日

佐藤大輔総監督の Dynamite!!が見たい! ★ 大晦日&ニューイヤーイベントを盛り上げ隊!@

海の向こうも日本でも、プロ格についてネガティブなニュースが飛び交ってますね。後ろ向きな話題ばっかりなのは、しんどくないですか? おも格は、これから大晦日&ニューイヤーイベントに向けて、いかにすれば楽しい興行になるのか! を、不定期に綴っていきたいと思います。

な? マニアは上から目線で人や業界を語りたがる。あいたたた。

でも、気分を盛り上げるための楽しいシリーズにしたいと思ってますので、ときどきお付き合いくださいね。


★船頭がいっぱいなプロ格業界

巨大化したプロ格興行は、チームによる分担制度を取り入れたことで、おもしろ味が減っている。というか、船頭がたくさんいすぎて「興行の芯」=何を訴えたいのか、が見えてこない。

発足当初のDREAMは「PRIDEの再興」というイメージをアピールした。三顧の礼をもって迎え入れたはずの佐藤大輔氏が、DREAMの世界観を作っていく。そう期待していたPRIDEファンは多かったはず。しかし、実際は、主催者であるTBSやFEGの思惑との狭間で佐藤氏は苦労を重ね、機関誌やネットでFEGへの愚痴をこぼしたりしてる。一方、僕のように「PRIDEとK-1が合体した全く新しい興行」を楽しみにしていたファンにとっても、どっちつかずな現況について、ちょっと歯がゆいものがあるんだよね。

HERO'Sもそうだった。RING復活をテーマに掲げ、大「前田コール」に包まれてスタートしたこの興行は、すぐにRINGS色を引っ込めてしまう。責任者である谷川貞治氏へ海外の未知強選手のデータを渡したり、ルール面での改善を提案していたらしい前田SVは「スーパーバイザーって何なんだろうね」と淋しそうに雑誌でこぼしていたね。前田ファンも、そうでない人も、何をめざしているのか理解できないHERO'Sの姿に幻滅していた人は結構いたんじゃないかな。いや、そういう器なんかにはこだわらないファンが、HERO'Sには沢山いたことも知ってるけどさ。ただ、僕なんかにすれば、ちょっと淋しいものがありました。

新日本プロレスが、上井文彦氏と選手会の二人の船頭で揺れていたのも記憶に新しい。せっかくの好機が内部の不和によりポシャるというのは、見ていて辛かったよ。


★佐藤大輔総監督の Dynamite!!が見たい

「船頭多くして船山に登る」というが、テレビ番組であることを第一義としたプロ興行である以上は、ひとりの人間の手腕に依存してよってビジネスを成立させるのは、あまりにリスクが大きいのであろうか。しかし、規模は小さくとも確固たる世界観を持つプロレス・格闘技大会が成功をおさめているのを見るにつけ、僕は複雑な思いを抱かずにはいられない。

大晦日の Dynamite!!。佐藤大輔氏が魔裟斗の煽りVTRを作成するという。魔裟斗の出場について、僕は賛成ではない。しかし、佐藤氏が、K-1とMMAの融合体である Dynamite!!制作に関わるというのは嬉しいニュース。

K-1とMMAの交差が作り出す、新たな世界観の構築。これは、ついにHERO'Sが果たせなかったことであるが、一人の異才が仕切ることで成功するかもしれない。それが可能な人物は誰か? 現状では、佐藤氏のほかに、僕には思い浮かばない。彼が製作責任者をつとめる Dynamite!!を一度見てみたい。氏はPRIDE時代から格闘技に関わってきたプロフェッショナルであるから、全権委任によるリスクは意外に小さい気がするんだけどな。


(参考記事)
過去の大晦日を振り返る。そして今年は・・・ by K-1心中


★気になる記事

Dynamite!!開催決定とともに……HERO'Sも開催!! by かかとおとし
・・・星のマークもそのまんまですね。

・前田日明がパコージン氏を偲ぶ by GONKAKU by 格闘技通信
・・・RINGSを、日本と旧ソ連のプロ格闘技を作ってきた同志。前田さんの心境が綴られたページを読むのは辛い時間になるかも。でも、あの時代を知るファンならば読まなきゃいけない。そんな気がする。

【エリートXC倒産】ペトルゼリ舌禍でCBS撤退  by OMASUKI FIGHT
・・・格闘技が「投機」の対象になった今、メジャー団体ならどこでも起こりうることかも。そして、ダナ・ホワイト氏の何でもアリ発言は、まるで初期UFC。


人気ブログランキングへ←最新プロ格ブログで情報をチェック!


posted by おも格 at 16:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐藤は気の毒です。
どこで愚痴言ってるんですか?ドリームの掲示板ですか?(笑)
Posted by みや at 2008年10月22日 19:47
所詮は一映像屋でしょ。
しかも最近はやたら旧PRIDEファンにだけ媚びてる。
阪神ファン以外が関西の阪神戦のテレビ見ててイライラするように
佐藤の煽りV見てて楽しくない格闘技ファンも少なくないよ。
特に青木なんて全く興味ない層は。

大晦日は長丁場なんだからなおさら煽りVなんて簡潔でいいよ。
つか実質前座でしかない選手たちにまで長い煽りVや入場は不要だろ。
Posted by キャン at 2008年10月22日 22:01
キャン氏に同意します
煽りは短い方がいいです
ダイナマイトは試合数も20以上になるんだから
Posted by あ at 2008年10月22日 22:36
コメントありがとうございます。
寝不足でクラクラなおも格です。


みやさん
たまにブログで書かれてますね。イヤミったらしい書き方ではないし、愚痴りたくなるような状況が続いたんでしょう。


キャンさん
たしかに、全試合に長い煽りVを作る必要はないかもしれませんね。煽りがない大会でも盛り上がる大会はありますからね。


あさん
試合数は気になりますね。20試合は、ちょっと付き合うのがキツそう。
Posted by おも格 at 2008年10月22日 23:33
わたしの携帯電話がこわれました
代替の携帯電話なんでむっちゃつらい思いしてます!

修理に二週間 かかるのでそのあいだあんまり日記は更新できないからいいきかいなんで格闘技ブログ放浪のたびに出ます!

おも格ブログは毎日よんでます

このブログのコンセプトがきにいっちゃいました
Posted by チャイニーズアキ姫 at 2008年10月23日 00:00
ヒョードルは試合しないと日本の側から断言した件についてはどうでしょう(笑)
Posted by 田無 at 2008年10月23日 00:31
『船頭多くて……』のくだりはまったく同感です。
しかし映像作家の佐藤氏にイベントをプロデュースをするノウハウがあるのか、といったら首を傾げてしまいます。
現状船頭をこなせるのは……出所した館長ぐらいしか思い浮かびません。
Posted by 木魚 at 2008年10月23日 00:49
煽りは大切だと思います
一般層に興味を持ってもらうために
もちろん試合内容が伴わなければなりませんが
Posted by きっちょむ at 2008年10月23日 01:57
ふらふらっと立ち寄ってみました。
足跡がてらにコメント残して帰りますね。
僕のブログは情けないブログなんであまり読まないほうがいいかと・・・
また除きにきますね。
Posted by 銀次 at 2008年10月23日 12:36
チャイニーズアキ姫さん
ありがとうございます、、、って、携帯壊れたんですか。それは大変ですね。放浪の旅で、楽しいブログが見つかったら教えてくださいね。


田無さん
どうなんでしょう。でも、出る出る詐欺なんて揶揄される結果を招くよりは、健全で良いのでは?


木魚さん
佐藤氏は、フジテレビ時代はプロデュースの仕事にも関わっていた気がします。そうですね、本当は館長が陣頭指揮を執ってくれれば、と僕も思います。表向きの活動は自粛されるとのことですが、観戦はされているようですし、どうなるんでしょうか。


きっちょむさん
一般層に興味を持ってもらうため。煽りVの役割は、まさにそこですからね。無くても興行は成り立つけど、どうせなら有効に使ってほしいですよね。


銀二さん
もしプロレスと格闘技に興味をお持ちになられましたら、またふらふらっと立ち寄ってください。
Posted by おも格 at 2008年10月23日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。