2008年09月30日

競技を超えた存在、それがプロ格闘家だ!?★魔裟斗のプロ魂に思う

明日はK-1MAX!


魔裟斗vs佐藤嘉洋にワクワクしてますよ。


興行を盛り上げるためか、はたまた本当にお互いがあまり好きじゃないのか、これまで舌戦を繰り広げてきた二人のK-1ファイター。

昨日の個別記者会見でも、その勢いは止まらなかった。


先制“口撃”は先に会見した魔裟斗。

自分の応援シートが好調な売れ行きを記録し「ツイている」と語っていた佐藤に対し「お前はかわいそうなヤツだなぁと。そこで運を使っちゃったねぇ、キミ」と突き放した。

ところが佐藤も譲らない。このコメントに「バカな人ですねぇ」とMAXのカリスマを鼻で笑った。「運は使い切ると、より大きな力が生まれるんです」と持論を展開させ「あの人の言葉は耳には入るが、心には響かない」と完全否定だ。

スポナビ記事


魔裟斗のビッグマウスに、佐藤が追従してる形か?


それにしても、魔裟斗のプロ魂には毎度頭が下がります。
試合前は挑発合戦で盛り上げ、試合になれば相手のスタイルに合わせて、「魅せる試合」を心がける。

リスクとの結果のバランスを、常に計算しながら。


格闘技に限らないけど、プロのスター選手には、競技という枠におさまらない存在でいてほしい。


それをずっと体現しているのが魔裟斗であり桜庭。

バダ・ハリや青木真也もそれに近い存在だと思う。
PRIDE時代のヴァンダレイ・シウバも、プロの中のプロ。キャラ作りと試合スタイルがマッチして、独特の雰囲気を醸しだしていたね。

アンディ・フグはじめ、かつてのK-1を支えてきた選手らも、競技を超えたプロ魂を見せつけて、僕らを感動させてくれた。



あらためて書くのも無粋だろうか!?
でも、書いちゃいますよ。

プロ格闘技はアマチュア競技ではない。


「お客さんとも戦うのがプロレスです」なんて名言を吐いたアナウンサーもいたけど、じつは、それってプロ格闘技にも100%あてはまるんだよな。


逆にいうと、勝つだけでは人気が出ない。ほんと選手は大変だ。


けど、、、KOや一本を狙わない選手がどれだけ好成績を残そうとも、あんまり心が動かないのも事実です。リスペクトはするけども。。。
残念ながら、これだけはどうしようもない。あはは。



さて、K-1MAX。
オープニングファイトでは、K-1甲子園の準々決勝も行われる。
先日放映されたテレビ番組で、プロ選手顔負けのド根性で感動させてくれた若者たち。

おも格 未来への投資!K-1甲子園テレビ観戦記


未来のプロの試合っぷりに明日も注目したい(って、TBSで放送されるかな?)。



★ブログのデザインを


ちょっといじってみました。

我流のスタイルシートとか、よくわかんないけど、とりあえず表示されてるから結果オーライ!?


人気ブログランキングへ
ラベル:K-1MAX K-1甲子園
posted by おも格 at 21:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明日のK−1MAXが気になって今から緊張してます
予想は一応魔娑斗とサワーが勝って、決勝で魔娑斗が勝って優勝(全部判定みたいな)です
魔娑斗選手は本当にプロ意識が高くて素晴らしいですね
勝ちに徹するシュルトやホーストは素晴らしい選手ですが、見ていてつまらないのも事実ですから
佐藤選手も強いとは思いますが、スピードが無いのでダラダラ攻撃しているようにしか見えないです
やはり魔娑斗選手がいないとK−1MAXは終わるかもしれないですね
Posted by きっちょむ at 2008年09月30日 22:50
桜庭がトーナメントを嫌うのは魅力ある試合ができないから
トーナメントでもそういう試合をするマサトが一番格闘技を背負って立ってる
Posted by そらそうだ at 2008年09月30日 23:17
バダハリはともかく、青木をその仲間に入れたら駄目でしょう(笑)
Posted by れん at 2008年09月30日 23:40
昔々、優勝したのに試合がつまらないと解任されたプロ野球監督がいたんだよ
リスキーな事をやってるだけでは負けるし、勝負の他に神経使っていたら不利なのにね
そこがプロとアマの差なんだろう
Posted by るー at 2008年10月01日 09:34
コメントありがとうございます。


きっちょむさん
いよいよ今夜ですね。興奮してきます。ひさびさの日本人対決が、魔娑斗vsサワー! コンディションも良さそうで、自信満々の魔娑斗と、勢いに乗りながら成長を続けている佐藤の対決!正直、僕にはあまり予想がつきませんが、願望コミで魔娑斗勝利と予想!


そらそうださん
うんうん、そらそうだ!


れんさん
うーん。青木はいろいろ「外して」ますけど、努力は認めましょうよ。貴重な存在ですよ。


るーさん
いましたねー。広岡だったかな? 受け狙いばっかりだと、それはそれで選手としてどうかと思うし、バランスなんでしょうね。本能的にそのバランスを取っているのが、魔娑斗や桜庭じゃないでしょーか。
Posted by うほほい at 2008年10月01日 13:02
おっと。
日本人対決は、もちろんサワーじゃなくて佐藤です。いやはは。

魔裟斗と佐藤だけでも、とんでもなく深いテーマがある試合なのに、その次に魔裟斗vsサワーで、それで魔裟斗がリベンジしようものなら伝説の大会になりますね!

さあ、、、TBS放送まであと一時間ちょっと!
Posted by うほほい at 2008年10月01日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。