2008年09月29日

週末格闘技の感想★K-1は若い選手がガンバレ★戦極の評価はいかに

土日続けてテレビで格闘技観戦。

ほんの数日前にはDREAM。あさってはK-1MAX。
うれしいねえ。

ということで、K-1と戦極の感想を。



★9.28 K-1WGP 見所はあるものの、若い選手もガンバレ!


僕個人の感想としては、かなり満足できた大会。

興味深いカードが揃った中で、もっとも注目していたのはバダ・ハリvsチェ・ホンマン。


○バダ・ハリ
延長1R 0分00秒 延長ラウンド開始時にタオル投入
×チェ・ホンマン


判定でドローとなり、延長戦へ、というところでホンマンが試合放棄した形。なんだかホンマンの痩せたボディが気になった。

カラダを絞ったというより、痩せこけたように見える。

そのせいか、あるいはニヤニヤ笑いをやめたせいなのか、終始にわたって鬼気迫るような表情を見せるホンマン。
あれは、兵役がらみでの韓国ファンによるバッシングがあったせいか?

一方のバダ・ハリは、僕の予想以上に苦戦していた。

彼らしいアグレッシブさは失っていなかったし、ホンマンが脇腹を傷めてからは、そこに狙いを絞るなどクレバーな一面も見せた。

だけど、やっぱりホンマンのようにデカい選手ってのは、その体格だけでも相当なアドバンテージがあるんだなって改めて実感。


バダ 韓国で行なわれた試合だから、いろんな可能性があった。でも、ヤツはオレを一回しか殴れなかった。それ以外はオレが試合をコントロールしていた。それに、延長になっても勝てたさ。延長だろうがなんだろうが、あと100Rくらい闘えるスタミナはあったからな。

――3Rの判定の時点で勝てると思いましたか?

バダ オレが勝つと思っていた。まあ、相手は韓国で人気のある選手だからな。可能性は予想していたが、正直な話、勝っていたはずだ。

――ホンマン選手にダウンを奪われたことに関してはいかがですか?

バダ 最初にヤツがK-1に入ったとき、素晴らしいファイターだとは思わなかった。でも、今はいい選手になったな。ただ、オレほどじゃない。オレのようなトップクラスと闘えるほど強くはないってことさ。

K-1公式サイト記事


バダ・ハリのビッグマウスは健在。うれしいねえ。



○ピーター・アーツ
3R 判定0-2
×セーム・シュルト


この日、もっとも印象に残った試合。

アーツの応援に、リングサイドへやってきたK-1歴戦の戦士たち。こういう構図は昔のプロレスを見るようで、無条件にワクワク。

さて試合。懐に飛び込むアーツの戦法のためなのだろうか、前半はシュルトも打ち合いに応じざるを得ない形になっていたのかな。

打ち合ってるときのシュルトは迫力がある。いつもあのようなファイトを見せてくれたら。。。

いろいろ意見は分かれるでしょうが、結果的にアーツの男気を十二分に堪能できた試合でした。


そうだよな。男気だよ。


逆転のKOシーン。打たれても、前へ前へ。リベンジ。


かつてのK-1は、魂と魂のぶつかりあいで僕を興奮させてくれたもんだ。

そういう気迫を感じさせる試合を最も魅せてくれたのが、今回はベテランのアーツであった。

それが、嬉しいような、寂しいような。

日本人でなくてもかまわない。

大御所たちの活躍に触発された若手がドンドン出てきてほしい。



★9/28 戦極 未知強と杉浦


煽りVを短くするなど、演出面での進歩を感じた興行でした。

オープニングもスッキリしたし、第一陣のころを思うと、進行もずいぶん手際が良くなってる。

戦極独自カラーの象徴になると思っていた「シャキーン!」がちゃんと復活しなかったことや、煽りVのナレーションがシャアの声ではなくなった点、高阪剛のいない解説席などは少し淋しく感じたものの、これらについては「試行錯誤しているんだ」と前向きに捉えたい。

しかーし! セコンドの声が大音量で流れすぎて、実況や解説が聞き取りづらかったのは改めてほしいな。



試合に関しては、キング・モーと杉浦につきる。


○キング・モー
1R 2分11秒 パウンド連打によるレフェリーストップ
×トラビス・ビュー


モーの有無を言わせぬような破壊力、ド派手な入場。

ホジャー・グレイシーの代役として、急遽参戦が決まった人だということを、すっかり忘れさせてくれるほどのパフォーマンスでした。

しかも、あれで総合初戦。。。

世界にはまだまだ未知なる強豪がいるってことですな。

というわけで、今回のMSP(モースト・シャキーン!!・プレイヤー)はキング・モーに決定!雷



○シャンジ・ヒベイロ
3R 4分18秒、打撃の連打でレフェリーストップ
×杉浦貴


杉浦は、シャンジのタックルをことごとく切りまくり、関節技や締め技もクリア。さすが地力がある。

たられば、の話になるけども、シャンジが最後まで柔術的な戦い方にこだわっていれば、判定によって試合を制したのは杉浦だったかも?

ファイナル・ラウンドの最後の最後に、そのバックボーンである柔術をかなぐり捨てて、どうやら得意であるらしいムエタイ風の打撃でケリをつけたシャンジ。

杉浦が、柔術チャンピオンをそこまで追い詰めた。僕はそう受け止めました。

彼はプロレスラーとして、しっかりと戦極に爪あとを残したと思うよ。


さて、試合後のシャンジは「柔道家の吉田と柔術家の私が道着とグローブを付けて戦えば面白い」と、吉田とのジャケットマッチを提案した。

秋山からも挑戦されるし、このところ、吉田秀彦、大人気。



★戦極とFEGの交流はどうなるか


秋山と吉田といえば、戦極の國保広報の気になるコメント。

「三崎やムサシが先」……吉田に挑戦表明の秋山に対し戦極広報が見解


正論ではあるけど、面白味のないコメントをわざわざ。あんまり言いたくはないが、、、ショッパイなあ。流れによっては実現の可能性がある試合。興行プランナー自らがその価値を下げてどーすんの。「吉田に挑戦など10年早いが、条件さえ整えればウチは受けて立ちます」くらい言えないのかな。


日曜の戦極、石井館長が観戦していたという情報も流れているが、FEGとの本格交流はまだまだ先か。

それとも、何かのタイミングをはかっているのだろうか!? よくわからなくなってきた。あははは。



★ブログランキングもよくわからない(汗)


よくわからないといえば、この人気ブログランキング
どうやらこの1、2週間、クリックしたのがちゃんと反映されてないみたいで、知人からもその点について指摘を受けました。

いろんな人に読んでもらえるキッカケになると思い、登録したんだけど、、、やっぱりちゃんと反映されないというのは悲しいですわ。


運営会社にメールしたけど返信もこない。

どうしたもんだろう? もうちょっと様子を見てみるかな。

人気ブログランキングへ


ラベル:K-1 戦極
posted by おも格 at 21:33| Comment(9) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MSPわろたw
Posted by ちょ at 2008年09月29日 23:21
国保は素人。
素人が興行を盛り上げるのは難しいですよ。
レスリング協会が主導権を握らない限りは戦極浮上は厳しい。
ドリームに吸収されるのが一番ですが。
Posted by あ at 2008年09月29日 23:46
DREAMってまだあるんですか?
Posted by え at 2008年09月29日 23:52
吸収されるなら低視聴率のドリームの方だろ
Posted by 逆でしょ at 2008年09月30日 00:03
団体ヲタが争ってる場合じゃないでしょ。石井館長が来場していたのなら先々について話し合いはしていると見るべきですよ。おも格さんが言うように交流を持ち出すタイミングを計っているのではないですか。ランキングについては、面白いと思った時にはどこのブログでもクリックしてます。ここはほぼ毎回クリックしてますよ。順位は気にせずに、他人に媚びないで、これからも自分の意見を書き続けていって下さい
自分もMSP受けましたよ(笑)
Posted by 田無 at 2008年09月30日 00:13
あたしもランキングに入っていました。
調子が悪いのでやめました。
たまにあるみたいです。
Posted by あや at 2008年09月30日 10:23
コメントありがとうございます。

ちょさん
あなたをMSP(もっともシャキーン!!な読者)に認定します。なんのこっちゃ。

あさん
すっかり忘れていましたが、日本総合格闘技協会というのがありましたね。ちゃんと活動してくれー!

えさん
ありますよ。

逆でしょさん
どうなることやら。みんな存続してくれ。

田無さん
熱いおコトバ、感謝です。そうですね。ブログくらいは自由に意見を書いていきたいです。もちろん人としてマナーは守った上で、の話です。

あやさん
僕がよく読む某ブログも、前に同じ現象が。そういうものなんですね。
Posted by うほほい at 2008年09月30日 12:27
応援ポチして帰ります(^^)
Posted by スマイル at 2008年09月30日 20:01
スマイルさん

ありがとうございます。また遊びにきてくださいませ。
Posted by うほほい at 2008年09月30日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。