2009年02月12日

これがUWF伝説の名勝負、前田日明 vs 船木誠勝だっ!【動画あり】

最新ニュースや試合結果はプロ格ランキング

それは、興行としてギリギリの実験を行う団体であった。

膠着試合を堪能できるほどには、僕らの目は育っていなかった。馬乗りになっての鉄槌どころか、スタンドでの顔面パンチすら残酷に思えた時代。そして、一ヶ月に一度という興行ペースの制約。

あの時代だからこその、あのスタイル。だから、あのまんまの試合が「プロレスのスタイルの一つ」として行われる現況について、僕は少なからず戸惑いを覚えてしまう。

若き日の前田が、佐山が、藤原が、ポンと今の時代に放り出されたら。たとえ名称が UWFであっても、当時と同じことはやらないはずだ。


下の動画は、第二次UWFを代表する歴史的な名勝負。この前年であったか、船木は格上の高田延彦に掌底の連打を浴びせ、事実上のスタンディングダウン状態に追い込んでいる。そんなヤンチャ盛りの船木が、今度は掌底で前田の目を狙う。その他、試合後の前田によるフロント批判など、いろんな意味で語り草となった試合。


第二次UWF・前田日明 vs 船木誠勝 1990.10.25大阪城ホール
(携帯の方はこちら
・・・もう19年も前か。こんな試合がネットで見られるとは、いい時代になったもんだ。

関連記事・若いファンからベテランファンまでオススメの書!「U.W.F.戦史」



★ 気になる記事

プロレスラーに勝てなかったエリオ・グレイシー by OMASUKI FIGHTさん
・・・エンタメ映画として十分に成立しそうなほどにオモシロい。未読の方にはぜひ全文を堪能していただきたいので、あえて引用はしません。

「1976年のアントニオ猪木」雑感 by 電脳如是我聞 - 長尾メモ8 weblogさん
・・・昔書いた感想を再アップされたのでしょうか。U系について取り上げた部分については、僕も同じ感想を抱いておりました。ただ、普段の猪木の様子など、興味深い話も少なくなかったですね。僕的にタイムリーな話題なのでご紹介させていただきます。



プロレス格闘技ブログのランキング 応援よろしくお願いします。



ラベル:前田日明 UWF
posted by おも格 at 21:38| Comment(6) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。