2009年01月22日

ロングスパッツ問題と石井慧 ★ 日本格闘技界に足りないものって

格闘技・プロレスの最新ニュースはプロ格ランキング


こんにちは、おも格です。世間の話題はすっかりオバマ一色。じつは、米国政治には醒めた視線しか投げかけられずにいた僕。そして、「これはプロのスピーチライターが書いたんだ(実際はライターとオバマさんの共作らしいです)」とわかってはいても、胸が熱くなった就任演説(毎日新聞さん全訳)。動画はこちら(ワシントン・ポストさんサイト)からいろいろ見られます。

さて、日本マット界の政治状況はどうなっているんだろう。戦極に参戦し、五味を倒した男・セルゲイ・ゴリアエフがライバル団体FEGのK-1MAXに参戦。その裏事情はともかく、佐藤嘉洋にどこまで通用するのか、その試合っぷりが今から楽しみです。なんせ、元々はムエタイの選手ですから。

昨年は、魔裟斗 vs 佐藤の神試合をはじめ、歴史に残る名勝負を連発したK-1MAX。ただ、2点だけ課題を残しました。ひとつは「9-8問題」。こちらはルールの改正で対処済。残る宿題は、ロングスパッツの着用禁止について。今年も禁止するのかな。



★ 青木真也のロングスパッツ問題

昨年のリニューアル以来、僕的に「ド真ん中」な記事を連発している雑誌・格闘技通信。明日発売の3月号では、一部のファンの間で論議を呼んでいる「ロングスパッツ問題」についての特集もあるようだ。

このロングスパッツ問題というのは、青木真也や北岡悟のコスチュームの是非を問うもので、「特殊な素材を使っているのでは」「グラップラーが滑り止め効果のあるスパッツを着用するのは卑怯では」という議論が、主に2ちゃんねるなどで繰り広げられていたようである。

じつは、スパッツ問題については、僕もこんな記事を書いていたし、とても関心のあるテーマだ。
【動画】スパッツ問題で注目される新素材、d3oの威力★MMAまで波及するか!?青木真也はどうなる?道着も含めて考えてみた

これについて、青木の後援者的存在であるらしい公武堂さんが、同社の手掛けるネットTVの番組内で特集をされた。生放送される公武道TVにおいては、視聴者とのチャットも行われているとのこと。ということで、かねてからの疑問を解消するべく、当日の1月12日、生放送チャットに参加してみた。

いくつか質問させていただいたが、僕の疑問点は下記につきる
・青木のスパッツには特殊な素材が使われているのか?その素材は市販されている?

はたして、チャットなるものに不慣れなワシのぶしつけな質問に、パーソナリティーを務める長谷川社長と梅村寛選手はしっかりと正面から答えてくださった。

・素材は量販店で市販されているもの。特に変な加工もしていない。

僕なりの結論は
・今後、有利な素材が開発されれば、ルールで制限されない限りはそれを使用する選手も出てくるだろう。
・現状のスパッツには若干の滑り止め効果はあるものの、問題にするほどではない。むしろ、道着やレスリングシューズなどの方が試合の行方に影響する(当たり前か)。
・ルールで認められている以上は、その行為を非難するのはおかしい(青木が卑怯という論調は変だよな)。
・問題なのは、新素材開発の可能性などを理由にK-1MAXでは禁止したロングスパッツを、Dreamにおいては放置している主催者FEGの「二重基準」にある。

ということ。
また、今後の対応として、以下のような形が望ましいとも思った。
・出場選手には、主催者が提供する素材なりコスチュームなりの使用だけを認める。
・その場合でも、通常の素材を使用する限りは大した影響のないスパッツはともかく、道着やシューズ着用については事前の届出が必要とする。
・または、明らかに有利なコスチュームについてはその着用を禁止するか、相手選手に何らかのアドバンテージ(ポイントであるとかボーナスであるとか)を与える。

もちろん、もっと有効な策はあるだろう。ただ、FEGが競技という体裁を整えたいのならば、なんらかのルール改善をする必要性は今後出てくるんじゃないかな。これまでのように「所詮は興行」と割り切るのならば、コスチュームなんぞに神経をつかう必要はないだろう。そのかわり、業界のしがらみがなく、競技志向の強い有望選手は、この団体のMMA興行を避けるというケースが出てくるかもしれない。石井慧のように。

公武道TVさん
生放送は、毎週月曜日23時より。こちらでログ映像も見られます。時間が合わなくてなかなかリアルタイムでは視聴できませが、また機会があればチャットにも参加してみたいです。



★ 選手にとって魅力ある日本格闘技界であってほしい

同番組ログを見直してみると、僕が途中退席した後も興味深い話が続いていた。たとえば「UFCでの青木真也を見たい」という視聴者の問いかけがあった。これに対して梅村さんは、UFCに匹敵するしっかりした舞台を日本で実現してほしい、と。日本マット界は、まだそこまで成熟できていないという主旨の発言をされていた。まったく同感だ。

UFCといえば、今、僕の関心は石井慧の今後の活躍に向いている。おも格では、過去に石井慧を取り上げる記事を沢山アップしてきた。UFC行きが確定したのちは、日本のマット界を見棄てる石井には共感できないという主旨のコメントも寄せられた。

私見であるが、石井の選択は、誰にも非難できないのではないか。彼が戦いたい場所は日本ではなくアメリカに存在した。それだけのこと。

もうひとり。格オタからインディープロレスファンまで投票するネットプロレス大賞で、MMAの試合では最高位を獲得した佐野哲也選手。THE OUTSIDERで4冠をゲットした佐野さんは、格闘技はあくまで趣味とおっしゃる。彼のような有望選手が喜んでプロになりたいと思えるような、そんなマット界になってほしい。しっかりとした土台を作るのは、選手ではなく主催者の責任だ。

「総合格闘技」という名称で興行が行われるようになったのはUWFから。以来、プロレス方式を踏襲したとされる試合の作り方から先鋭的ルールを含めて、この何十年もの間、日本の格闘技界は試行錯誤を繰り返しながら、少しずつ今の形に近づいていった。

一昨年にはプロレスの残り香を感じさせる最後の格闘技団体PRIDEが売却され、消滅。そして昨年、FEGがDreamをスタートさせたとき、ついに競技と呼ぶにふさわしいメジャーMMA興行が日本でも誕生するかもしれない、と思った。ところが1年たった今、その競技性に関する主催者の意図が明確に見えてこない。石井慧や佐野さんが人生を賭けるに値する舞台が整うには、まだしばらくの熟成期間が必要なのかもしれない。僕はあきらめません。

かつて投票権を持たなかった黒人の老女は、オバマ大統領の就任演説を聴いて「生きてて良かった」とおっしゃったいう。僕も「やっとここまで来たな。格闘技を見続けていて良かった」と心から喜べる時がくると信じているのでありますよ。

ネットプロレス大賞 ブラックアイ2さん、集計おつかれさまでした。
●佐野哲也さんのブログ、スイミング・アイ
●佐野哲也さんの凄い試合は、こちらから視聴可能(有料ですが、見る価値ありますよ)。携帯(ドコモ)の方は、こちらも。



●石井慧がまた過激発言。最新情報は→プロ格のブログランキングへ。応援よろしくお願いします。



posted by おも格 at 19:37| Comment(19) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。