2008年12月13日

ならば、これを機会にDreamの空気を入れ替えようぜ? ★ 秋山成勲選手、FEG離脱で戦極入りしそうな件

「やっぱりな」 そんな感想を抱いたファンも多いのではないか!?

かねてよりFEG運営サイドとの不仲が囁かれていた秋山成勲選手が、同社最大の格闘技イベント「Dynamite!!」への不参加を表明した。そればかりか、来年の契約も未定であるという。

秋山ブログ「ファンのみんなへ」
今年の11月で自分とFEGとのファイティング契約が切れ、今年の年末のダイナマイトの契約の話をしてましたが、合意といかず、今年の年末のダイナマイトには出場出来なくなりました。
自分としても出場したかったのですが、残念です。

そして来年にいろいろ契約の話をさせていただいて、どこのリングに上がるかわかりませんが、その時はまた一から頑張って行きますので、応援宜しくお願いします!

12/11、Dynamite!!記者会見(DREAM公式サイトさんの記事)
──大晦日だけでなく、来年のDREAMの(秋山との)契約に関しては?
谷川 交渉してないです。最初は大晦日のみについて交渉をしたいということで、(秋山は)やる気はあったんですけどね。

秋山については、以前から他団体移籍のウワサが流れていた。また、Dream.6の試合終了後は、戦極の吉田秀彦との対戦を表明。そのためにはリングを選ばないとまでアピールしていた。

スポナビさん記事「吉田戦の場所はどこでも構わない」
吉田に関しては「僕の中では最後に越えなきゃいけない壁。体重やいろんな問題があると思うが、やることに意義があると思うので、場所は別にどこでも構わない」と、実現のためであればDREAMのリングにこだわらない強い意志を示した。

そして昨日。格闘技の裏事情を飛ばし気味に書くことで知られる高須甚一郎さんのブログに、思わせぶりな記述が。。。

戦極さん・・・7試合が8試合になるそうです!!
昨日、青木選手の会見がありました。
今度は、戦極さんが近々、リーリスを出すでしょう。
ちなみに、7試合の予定が急遽8試合になるそうです。
さて、最後の一枠・・・皆さんお分かりですよね!?

これは。。。秋山を置いて他に思いつかない。

うーん。どうせなら、Dreamの王者・ムサシと試合してから戦極に出ればいいとも思うが、とりあえず今は、秋山本人が切望していた吉田戦へ向けて邁進することに期待したい。戦極には、因縁の相手・三崎和雄もいる。

・・・以前から、僕は秋山の戦極行きを望んでいた。UWF系選手と外国人選手が中心のDreamミドル級も悪くないが、戦極の方がより対戦相手の幅が広がると思うから。

と、つい妄想が広がりがちだけど、現時点でハッキリしているのは「秋山がFEGとの契約はしていない」ということのみだ。戦極の次回記者会見に注目したい。



★ これを機会にカラリとした空気を

右サイドバーを見ていただければお分かりいただけるかと思うが、僕は桜庭和志のファンであり、ゆえに秋山については未だに良い感情は持てないでいる。

そんな僕が、ブログ「思考遊戯」さん「かかとおとし」さんなどの記事を読んで、思った。

もし、僕が秋山の立場だったら、よっぽどの好条件が提示されない限りはDreamから離れたくなるかもしれないな、と。対戦相手などで、これまで優遇もされてきただろう。が、同時に行われていた過剰なヒール・キャンペーン、とくに、契約最後の試合であったDream.6開催前後からのソレは、移籍への予防線もあったのだろうか、目に余るものがあった。

主催者、下請け、機関誌がスクラムを組んで、メリットのない青木戦を迫る。反対意見が少なくなかったのに、「ファンが望むカード」という大義を掲げて。交渉過程を匂わせる記事で、ズルい男というイメージをさらに増幅。そして、対戦要求を受けなかったら「逃げた」と会見で批判。

このように「正論」を掲げ、皆でよってたかって追い詰めるやり口って、イヤミっぽいし、トゲトゲしいし、どこかジトジトした空気が僕にはシンドイ。一格闘技ファンでさえシンドイのだから、さぞや本人も不快であったことだろうな。同等程度の条件だったら、よその団体を選びたくもなるさ。

ということで、このまま秋山が移籍するなら、それを契機にDreamは空気を入れ替えてほしい。広報や演出の方法論を見直して、もっとカラッとした気分で楽しめる格闘技興行にしていただきたいというのが僕の希望です。



★ 来年に向けて

11日の記者会見で、ひとつ評価したいことがある。FEGの統括責任者的立場にある谷川さんの発言だ。

スポナビさん記事
「青木選手や魔裟斗選手のように、業界を背負って盛り上げていこうという選手を支えていきたい」 

この発言を、秋山へのイヤミだけに終わらせてほしくない。

魔王キャンペーン、正義の大黒柱キャンペーン。それらは、限られた数のスターで興行を回していかざるをえなかった故の、苦肉の策であったのか。興行のスパイスとしてのギミックやアングルの仕込みは有効だし、うまく作用したとき、楽しく試合が見られる。それは認める。ただ、残念ながら力が入りすぎたのではないか。上述したように、僕は不快感さえ覚えた。

今年の大晦日以降は、もうすこし上手に選手を売り出して、2009年のマット界を盛り上げていただきたい。とくに青木については、プロモーションのやりようによっては「格闘技村の枠を超えたスターになりうる逸材」だと僕は思っている。仮想敵を用意してイヤミを言うキャラは封印し、明るくて楽しくて面白い試合をするお兄ちゃんとしてバラエティー番組などに出演、なんて如何でしょう。


●秋山成勲への評価は?ブロガーの意見はプロ格ブログランキングへ 今のところ、批判的な意見が多い。



★ その他の気になるニュース

ソクジュ、1月のアフリクション参戦か・FEGはシュルト戦をオファーしていた
 by OMASUKI FIGHTさん


●秋山の去就について、ブロガーの意見は様々です→プロ格ブログランキングへ UFC行きという説もありましたね。柔道復帰という話も出ている。



posted by おも格 at 16:21| Comment(24) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。