2008年12月17日

命運を握るのは運営のセンスか/プロレスリング・ノア、日本テレビ地上派放送打ち切りへ

「プロレスの灯火を消してはいけない」
そんな遺言を残したのは、日本テレビ初代社長の正力松太郎氏であったか。

東京スポーツプロレス大賞授賞式が行われるめでたい日に、悲しいニュースが飛び込んできた。

デイリースポーツさん記事
日テレ、09年3月でノア中継打ち切りへ
 日本テレビが制作する「プロレスリング・ノア中継」が、09年3月末で打ち切られる見通しであることが16日、分かった。故・ジャイアント馬場さんが1972年に設立した全日本プロレス時代から続いてきた同局での地上波放送が、終幕を迎えようとしている。

 プロレス冬の時代に、さらなる逆風が吹きそうだ。現在、日曜深夜に放送されているノア中継だが、9月末には関西地区の読売テレビが一足早く放送を打ち切った。その後を追うように、母体となる日本テレビでも撤退が検討されている。

 現時点で正式決定ではないが、既に所属選手には打ち切りの可能性が伝えられており、それぞれが危機感を抱いているという。CS放送の日テレ「G+」では4月以降も引き続き放映される。

「全日本プロレス時代から続いてきた」どころか、1957年にスタートした日本プロレスのレギュラー放送から数えると、日テレのプロレス中継は51年。同局初の中継番組である1954年の「力道山・木村政彦 vs シャープ兄弟」までさかのぼると54年間。


プロ格番組の視聴率に詳しいブログ「Road to Dream」さんが、最近のプロレス中継視聴率をデータ化されている。参考までに。


・・・昔、プロレスに夢中になっていたタイプの人間が、今は K-1や総合格闘技に心を奪われている。よく言われる話だ。

しかし、子供時代に熱中した「あのころのプロレス」と、今の格闘技のどちらかを取れと言われたら、僕は迷わず「あのころのプロレス」を選ぶ。

そんな「昭和プロレスファン」の僕でさえ、このようなニュースを知ると、昔遊んだ仲間が重い病気にかかったという風の噂を耳にするかような、なんとも切なくて辛い気分に陥ってしまう。

ただ、ノアという団体が終わったわけではない。まだ死んではいない。

激しい技の応酬を行うノアのプロレスが、プロレスの本道であるとは僕は思わない。しかし、芸能人に試合をさせちゃうような団体がある中で、「プロ選手にしかできないプロレス」の存在感をしっかり見せてきたのは、他ならぬノアである。これは同団体の美徳として誇れるものであろう。

団体の命運は、選手でもファンでもなく、運営のセンスが握っている気がする。これまで大切にしてきた芯を見失うことなく、新しい道を模索してほしい。たとえば新日本プロレスとの全面対抗戦など、離れかけたファン(例・おも格)がまた覗いてみたくなるような企画とか。。。そんなこと、とっくに考えてるんだろうな。新日1・4東京ドーム大会で、何か動きは見られるだろうか。注目しておきたいです。


プロ格のブログランキングへ ノア地上派ショックについて、ブロガーの意見は?。徐々に記事が出てくると思います。



ラベル:ノア
posted by おも格 at 13:31| Comment(11) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

長い目で応援しようじゃありませんか ★ UFCを目標に掲げた石井慧について

本日発売の東京スポーツが、「石井慧のUFC行き宣言」を独占報道しました。記事の内容については、ブログ「カクトウログ」さんと、「見たくないやつは見にくるな」さんが速報されているので、詳しい内容はリンク先をご参照ください。

さて、3日後の19日に、ようやく22歳の誕生日を迎える石井。慣れない交渉やマスコミとのやりとりの中で、「『夢』を追いかけたい」との発言が「Dream入り確定」と報じられてしまうなど、ウワサの一人歩きについては複雑な思いもあったんだろう。やんわりと来場を否定しても、それでも Dynamite!!での試合や挨拶があるのではないかと思っていた人も少なくなかったのではないか。僕もそのひとり。いやはは。

大晦日まで2週間。このままでは、あちらこちらに妙な影響も出る。そろそろハッキリさせたい、ということでしょう。

11月はじめ、TBS「ニュースキャスター」に出演した石井はこんな発言をしていた。
「エンターテインメントとしての格闘技を脱却し、競技としての総合格闘技をめざしたい」


思えばその頃から心は決まっていたのかもしれないね。

今日の東スポのインタビューでも「(UFCをめざす理由は)お金じゃない」と明言した。そりゃそうだ。日本の団体と契約すれば、相当な額の契約金やファイトマネーが手に入っていただろうし、それなりな対戦相手を用意され、大事にプロテクトしてもらえたかもしれないのだから。

こんな好待遇を蹴っての、覚悟ある決意。



★ 長い目で応援したい

みごとに息を吹き返しつつある K-1に対して、いまひとつ話題性に欠けた今年の国内プロ総合格闘技。石井が海外団体を主戦場として選んだことは、短期的には痛手となるかもしれない。格闘技ファンの意見も賛否両論あることだろう。

しかし、長い目で見れば。。。石井がUFCまで辿りついたとき、日本の地上派テレビ局が大会中継に興味を示すやもしれない。また、海外メジャー団体で若き金メダリストが活躍する様子は、それ自体がひとつの物語。専門誌以外の媒体も取り上げるだろうし、引いては格闘技のイメージ向上につながるのではなかろうか。


また、そのようなビジネス的視点とは別に、ひとりの男として、僕は石井の勇断に拍手を送りたい。トップで活躍できるようになるまでは何年かかるか。。。だけど、時間がかかってもいいじゃないか。まだ若いんだ、納得するまで思いっきり練習し、思いっきり暴れてこい。そして、いつか日本に凱旋して、この国のマット界を盛り上げてほしい。がんばれ石井慧!


プロ格ブログのランキングへ←石井を応援する声が多くあってほしい。



★ 明日のおも格は

明日は、追加カードが立て続けに発表された「戦極の乱」「Dynamite!!」について書くつもりです。

だんだんカードが出揃ってきました。



プロ格ブログランキング Dynamite!!・戦極の乱追加カードの感想は? 佐藤 vs キシェンコは歓迎ムードかな。

ラベル:石井慧
posted by おも格 at 22:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE OUTSIDER、格闘技ファンにおなじみの動画配信サイト「DMM.com」から動画配信が決定! ★ 携帯動画配信も

こんにちは、おも格です。

日、月とブログを更新できずにいたのに沢山の方がアクセスしてくださいました。カクトウログさんでウチの記事をご紹介してくださったのが理由のようです。
うむむ、おそるべしカクトウログさん。管理人さま、ありがとうございました。

さて、今日は、注目度バツグンの格闘技大会ネット配信のお話です。



★ THE OUTSIDER ネット配信はDMMで!

時は来たっ!
以前、RINGS公式サイトで予告されていたジ・アウトサイダーの動画配信が正式発表された。

RNGS公式サイトさん告知記事
■インターネット動画
12月30日AM10時より『dmm.com』にて全試合配信開始!!
12月20日AM10時より予約開始!!

過去大会の厳選された試合映像は、12月19日AM10時より配信!!

過去大会の厳選映像が、今週金曜日の午前から配信。
全試合が、12月30日から配信。

なお、DMM.com内を探してみたけど、いま現在(12月16日12時すぎ)、ジ・アウトサイダーに関する発表は見つからず。

そこで、参考までに、DMMで配信されている他大会をチェックしてみたよ。

他大会の例・DREAM.6の場合
全12試合を配信。
■超高画質版ダウンロード(840円)
 ダウンロード期限:7日間、視聴期限:購入後90日間
■通常画質(?)ダウンロード(840円)
 ダウンロード期限:7日間、視聴期限:購入後90日間
■ストリーミング(420円)
 視聴期限:7日間
■各試合は英語での実況・解説となります。
また「入退場シーン」や「煽りV(選手紹介映像)」はありません。ご了承ください。

アウトサイダーが、プロ大会より料金が高くなるとは考えにくいですね。

それよりも気になることが。アウトサイダーも、入退場シーンはカットされちゃうのだろうか。だとしたら残念。。。名入場シーンがいくつも生まれているから。できれば、メダル授与やマイク・アピールも含めて、試合の前後も配信していただきたいところ。



★ 携帯配信はすでにスタート・ただしdocomoのみ

■1月中旬より 『ハリウッド ギガミランカ』にて配信決定(有料コンテンツとなっております)
※詳しい対応機種は、「ハリウッド ギガミランカ」にてご確認ください。
i メニュ > 映画/ビデオクリップ > 総合 > 『ハリウッド ギガミランカ』

DMMとは別の会社から、携帯動画は既に配信中。
加藤友弥(ボンズ加藤)、黒石高大、吉永啓之輔各選手に加えて、リアル・サラリーマンとして会場を沸かせてくれた酒井知一選手の試合も視聴できる。
12月19日からは、第参回大会での残虐ぶりで会場を凍りつかせた渋谷莉孔選手ら8人の試合も配信されるそうだ。詳しくはRINGS公式サイトさんの記事で確認してください。

・・・ひとつ残念なことが。携帯動画配信はdocomoのみが対応。うーん。いろいろと戦略みたいなものがあるんだろうか。いまどきの若者は、他キャリアをバンバン使ってますよ。



プロ格ブログランキング ←プロレス格闘技のニュースはこちらからチェックできます。石井慧UFC入り明言、戦極の乱・Dynamite!!追加カード発表がありました。光岡 vs 五味を倒したゴリアエフは好カードですね。




★ その他の気になるニュース

12月15(月)、「REAL BATTLE TALK」の第2号が発売!創刊号は完売でした!
 by 高須基仁公式ブログさん 今月も前田さんインタビュー!

セーム・シュルトがレミーとバダ・ハリを批判
 by K-1公式サイトさん

これまでに81名のUFC選手がプロレスに関与!
 by OMASUKI FIGHTさん

ネットプロレス大賞
 by ブラックアイ2さん
・・・毎年恒例のようです。今年、もっともプロレス的に輝いた選手はバダ・ハリでありレスナーだと僕なんかは思うんですが、そのような投票は場違いかな。格闘技も含めた投票なら喜んで参加させていただくのですが。。。



プロ格ブログランキングへ 石井慧のUFC参戦や大晦日・新年カード。ブロガーやファンの間で、これは賛否両論ありそう。別記事として書こうと思います。

ラベル:THE OUTSIDER
posted by おも格 at 12:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

ならば、これを機会にDreamの空気を入れ替えようぜ? ★ 秋山成勲選手、FEG離脱で戦極入りしそうな件

「やっぱりな」 そんな感想を抱いたファンも多いのではないか!?

かねてよりFEG運営サイドとの不仲が囁かれていた秋山成勲選手が、同社最大の格闘技イベント「Dynamite!!」への不参加を表明した。そればかりか、来年の契約も未定であるという。

秋山ブログ「ファンのみんなへ」
今年の11月で自分とFEGとのファイティング契約が切れ、今年の年末のダイナマイトの契約の話をしてましたが、合意といかず、今年の年末のダイナマイトには出場出来なくなりました。
自分としても出場したかったのですが、残念です。

そして来年にいろいろ契約の話をさせていただいて、どこのリングに上がるかわかりませんが、その時はまた一から頑張って行きますので、応援宜しくお願いします!

12/11、Dynamite!!記者会見(DREAM公式サイトさんの記事)
──大晦日だけでなく、来年のDREAMの(秋山との)契約に関しては?
谷川 交渉してないです。最初は大晦日のみについて交渉をしたいということで、(秋山は)やる気はあったんですけどね。

秋山については、以前から他団体移籍のウワサが流れていた。また、Dream.6の試合終了後は、戦極の吉田秀彦との対戦を表明。そのためにはリングを選ばないとまでアピールしていた。

スポナビさん記事「吉田戦の場所はどこでも構わない」
吉田に関しては「僕の中では最後に越えなきゃいけない壁。体重やいろんな問題があると思うが、やることに意義があると思うので、場所は別にどこでも構わない」と、実現のためであればDREAMのリングにこだわらない強い意志を示した。

そして昨日。格闘技の裏事情を飛ばし気味に書くことで知られる高須甚一郎さんのブログに、思わせぶりな記述が。。。

戦極さん・・・7試合が8試合になるそうです!!
昨日、青木選手の会見がありました。
今度は、戦極さんが近々、リーリスを出すでしょう。
ちなみに、7試合の予定が急遽8試合になるそうです。
さて、最後の一枠・・・皆さんお分かりですよね!?

これは。。。秋山を置いて他に思いつかない。

うーん。どうせなら、Dreamの王者・ムサシと試合してから戦極に出ればいいとも思うが、とりあえず今は、秋山本人が切望していた吉田戦へ向けて邁進することに期待したい。戦極には、因縁の相手・三崎和雄もいる。

・・・以前から、僕は秋山の戦極行きを望んでいた。UWF系選手と外国人選手が中心のDreamミドル級も悪くないが、戦極の方がより対戦相手の幅が広がると思うから。

と、つい妄想が広がりがちだけど、現時点でハッキリしているのは「秋山がFEGとの契約はしていない」ということのみだ。戦極の次回記者会見に注目したい。



★ これを機会にカラリとした空気を

右サイドバーを見ていただければお分かりいただけるかと思うが、僕は桜庭和志のファンであり、ゆえに秋山については未だに良い感情は持てないでいる。

そんな僕が、ブログ「思考遊戯」さん「かかとおとし」さんなどの記事を読んで、思った。

もし、僕が秋山の立場だったら、よっぽどの好条件が提示されない限りはDreamから離れたくなるかもしれないな、と。対戦相手などで、これまで優遇もされてきただろう。が、同時に行われていた過剰なヒール・キャンペーン、とくに、契約最後の試合であったDream.6開催前後からのソレは、移籍への予防線もあったのだろうか、目に余るものがあった。

主催者、下請け、機関誌がスクラムを組んで、メリットのない青木戦を迫る。反対意見が少なくなかったのに、「ファンが望むカード」という大義を掲げて。交渉過程を匂わせる記事で、ズルい男というイメージをさらに増幅。そして、対戦要求を受けなかったら「逃げた」と会見で批判。

このように「正論」を掲げ、皆でよってたかって追い詰めるやり口って、イヤミっぽいし、トゲトゲしいし、どこかジトジトした空気が僕にはシンドイ。一格闘技ファンでさえシンドイのだから、さぞや本人も不快であったことだろうな。同等程度の条件だったら、よその団体を選びたくもなるさ。

ということで、このまま秋山が移籍するなら、それを契機にDreamは空気を入れ替えてほしい。広報や演出の方法論を見直して、もっとカラッとした気分で楽しめる格闘技興行にしていただきたいというのが僕の希望です。



★ 来年に向けて

11日の記者会見で、ひとつ評価したいことがある。FEGの統括責任者的立場にある谷川さんの発言だ。

スポナビさん記事
「青木選手や魔裟斗選手のように、業界を背負って盛り上げていこうという選手を支えていきたい」 

この発言を、秋山へのイヤミだけに終わらせてほしくない。

魔王キャンペーン、正義の大黒柱キャンペーン。それらは、限られた数のスターで興行を回していかざるをえなかった故の、苦肉の策であったのか。興行のスパイスとしてのギミックやアングルの仕込みは有効だし、うまく作用したとき、楽しく試合が見られる。それは認める。ただ、残念ながら力が入りすぎたのではないか。上述したように、僕は不快感さえ覚えた。

今年の大晦日以降は、もうすこし上手に選手を売り出して、2009年のマット界を盛り上げていただきたい。とくに青木については、プロモーションのやりようによっては「格闘技村の枠を超えたスターになりうる逸材」だと僕は思っている。仮想敵を用意してイヤミを言うキャラは封印し、明るくて楽しくて面白い試合をするお兄ちゃんとしてバラエティー番組などに出演、なんて如何でしょう。


●秋山成勲への評価は?ブロガーの意見はプロ格ブログランキングへ 今のところ、批判的な意見が多い。



★ その他の気になるニュース

ソクジュ、1月のアフリクション参戦か・FEGはシュルト戦をオファーしていた
 by OMASUKI FIGHTさん


●秋山の去就について、ブロガーの意見は様々です→プロ格ブログランキングへ UFC行きという説もありましたね。柔道復帰という話も出ている。

posted by おも格 at 16:21| Comment(24) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

大晦日Dynamite!!で黄金のライト級GPの続きが見られる! ★ 大晦日・新年イベントを盛り上げ隊(7)

K-1WGPが終わり、停滞していた大晦日のプロモーション活動が再開しましたね。昨日発表された2試合について、感想を。


★ 追加発表カード

●青木真也 vs エディ・アルバレス(総合)
僕が青木に望んでいた「K-1ファイターとのMIXルール」は実現ならず。
しかし、そんな夢が軽く吹っ飛ぶほどの黄金カードが決定した。

7月のライト級GPでは、青木とアルバレスが決勝進出。
ところが準決勝での川尻戦で負傷したアルバレスがドクターストップに。
結局、リザーブマッチから勝ち上がったハンセンがチャンピオンとなる。

つまり、青木 vs アルバレスは「幻の決勝戦」だ。
王者ハンセン vs カルバンと並んで、大晦日に「黄金のライト級GP」の続きが実現!
このライト級の2試合だけでもお金を払う価値は十分にあるのでは。

●ジェロム・レ・バンナ vs マーク・ハント(総合)
昨夜、「なんとか楽しみ方を見つけ出す」と宣言した。
けれど、現時点では全く思いつかない。いやはや。

視聴率要員として、知名度の高いK-1ファイターをとりあえず出します、と。
それだけではやっぱり淋しい。
勝敗の行方に注目したくなるような付加価値があれば。。。

何かないものか。
ワシとしてはここで一発笑いを取りたいが、ブラック・ジョークしか思いつかない。
これから大晦日当日まで、気分が盛り上がる要素を探り続けます。

どうせだったら前向きに試合を楽しみたいもんね。

●決定カード
青木真也 vs エディ・アルバレス(総合)
ジェロム・レ・バンナ vs マーク・ハント(総合)
武蔵 vs ゲガール・ムサシ(K-1)
桜庭和志 vs 田村潔司(総合?)
武田幸三 vs 川尻達也(K-1)
ヨアキム・ハンセン vs J.Z.カルバン(総合)
HIROYA vs嶋田翔太(K-1甲子園)
卜部功也 vs 日下部竜也(K-1甲子園)
k-1甲子園決勝戦

●現在ウワサにのぼっているカード
ミルコ・クロコップ vs チェ・ホンマン
ミルコ・クロコップ vs バダ・ハリ
船木誠勝 vs 澤屋敷純一



★ PPV決定(当日24時から)

FEG公式サイトさん記事
Dream公式サイトさん記事
地上派は、TBSで19:00から23:24。


・Dynamite!!追加カードへの意見は様々です→プロ格ブログランキングへ 青木 vs アルバレスについては概ね好評。



★ ダイナマイト不参加の秋山成勲選手については

あとで別記事として、思うところを書いてみたいと思います。



★ その他の気になる記事

「今、一個だけ問題は、大きな会場が貸してくれないこと」前田日明インタビュー/CIRCUS MAX
 by カクトウログさん


・追加カードや秋山の不参加について、ブロガーの意見はいろいろです→プロ格ブログランキング

ラベル:Dynamite!!2008
posted by おも格 at 15:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。