2008年12月22日

YouはShock! MVP他3冠をプロ格ブロガーがGET! / THE OUTSIDER第4戦ネット記事まとめ他 ★ 配信中動画への論評も

こんにちは、おも格です。この週末は、京都市内から日本海まで所用で赴いておりました。天気も良く、立ち寄った「海の見える露天風呂」が貸し切り状態であったり、結構楽しめました。夏に泳ぎに行く海が初冬の夕陽に柔らかく染まり、別の海のように見えたのも感動ものでした。

ただ、運転しててもウマいものを食べてても、常に頭の片隅には「あの大会」のことが。。。こちらの会場の熱気は、季節とは関係なさそうです。


★ THE OUTISIDER MVPはプロ格ブロガーの手に!

おも格が露天風呂からの景色を満喫しながらも男女混浴でないことを嘆いていたのと丁度同じころ、ジ・アウイトサイダー第4戦がスタート。今回も相当な盛り上がりをみせたようです。とりわけセミファイナルは、プロ顔負けの打ち合いで、試合終了1秒前にTKOで決着。まるでドラマのように感動的な試合だったみたい。

そのセミで、前回MVPの吉永啓之輔さんと激闘の末に勝利を掴んだのは、プロ格ブログ「スイミング・アイ」を運営される佐野哲也さん。ご自身の試合を含めて、ブログで詳細にリポートされています。
アウトサイダー第四戦に参戦してきましたよ(1)(2)(3)(4)(5)
 by スイミング・アイさん

佐野さんは「前田日明MVP賞」・「角川春樹ベストファイター賞」・「ベストファイト賞」の3冠(!)をゲット。勝利者賞と合わせれば4冠。本当におめでとうございます。敗れはしたものの、吉永選手も打ち合いに応じるなど、男気あふれるファイトを見せたそうです。試合後にはスタンディング・オベーションも起こったという話。

佐野 vs 吉永については、後でご紹介する各リポート記事も絶賛。前田日明さんもベタ褒めしています。ご自身が関わっている各大会を含めて、プロ格に関しては辛口論評で知られる前田さんが称賛しているのは特筆ものでしょう。この何年かのうちで、ここまで褒めたのって、魔裟斗や佐藤嘉洋、バダ・ハリ、青木真也の試合くらいじゃないでしょうか。

この試合、年末には動画で見られるようなので、それを楽しみに待っています。
RINGS公式サイトさん



★ ネットで見られる ジ・アウトサイダー第4戦記事(12/21現在)

上記「スイミング・アイ」以外の、ネットで読める主な観戦記事まとめ。
スポーツナビさん速報
スポナビさんフォトギャラリー
3.15両国進出! 映画「クローズZERO」とコラボ by スポーツナビさん
GBRさん
angle JAPANさん
ミルホンネットさん
MVP佐野さんの友人、ケットシー&徐庶さんの観戦記
第参戦出場者、梅木千世さんの観戦記前編

・・・各リポートを読んで思ったのは、「出場者のレベルに応じて、レフェリーストップやダウンを取るタイミングに幅を持たせているなあ」ということ。選手発掘が目的の大会ですし、安全面を考えても、これは良い傾向だと思いました。

ネットで読める記事は、まだまだ増えると思います。RINGS公式サイト恒例の大会写真集も楽しみ!



★ ジ・アウトサイダー動画配信の感想

今大会の配信は 12/30まで待たなくてはならないものの、過去大会についてはダイジェスト版が視聴可能。ということで、おも格もDMMの会員登録を済ませ、とりあえず「第壱戦ベストバウト」を見ました。

試合の他に、ドキュメンタリー映像もふんだんに使われている。「ボンズ加藤が試合後に『オカン!』を連発したわけ」や「吉永『現役』時代のド派手バイク写真」「秀虎の過去と現在」「アパッチ小次郎の練習環境と人となり」など、知らなかったエピソード満載。これ、とっても楽しめました。さすが、報道バラエティー番組などを手掛ける会社が制作しているだけのことはある。

ただ、与国秀行選手(谷山君)の現役伝説をクローズアップするためには、当時を知る人たちへのインタビューが必須であったと思うし、あと一工夫あれば、さらに良い作品になると思った次第です。また、前田ファンとしては、主催者の入場シーンがカットされたことが淋しい。ビッグマウス・ラウドにせよHERO'Sにせよ、前田日明さんが関わる大会は、大「前田コール」に包まれる同氏の入場が不可欠。それは動画であっても同じでしょう。前田さんの姿が見たくて動画を購入するファンも相当いるはずです。

なお、今回は「購入後1週間見放題」のストリーミング配信を買いました。90分、315円。画質は1500bpsで、当方のPC(インテル2.5GHz、メモリ768MB、HD160GB)では、動きの早い場面で一瞬ですが映像が止まることもありました。1000bpsでは全く問題なし。画質も十分でしょう。第弐戦と第参戦、そして第4戦は、ずっと何度でも再生できる「ダウンロード版」を購入予定です。

参考・Mac OSでのご利用について
DMMでのMac OSの推奨動作環境は、下記の通りです。
OS Mac OS X (10.4 以上)  CPU PowerPC G3 450MHz 以上
物理メモリ 256MB 以上  ブラウザ Safari 2 以上
Media Player Windows Media Player 9 for Mac OS X
※Mac OS X10.5 Leopardには対応しておりません。

こういった情報は、RINGS公式サイトさんがしっかりフォローした方が良いのでは。「Macでは見られないんだもん」と諦めている方がいる現状は、ちょっともったいないですね。

(追記)基本的に、Macでは、アウトサイダーを含めて、格闘技コンテンツは視聴できないようです。OSやブラウザのバージョンに関わりなく、です。

配信元・DMM.comさん[THE OUTSIDER特集]



●THE OUTSIDERについて、プロ格ファンの意見は?→ブログランキング まだ見たことがないプロ格ブロガーが多そうです。

同大会を取り上げているブログを検索すると、ライトな格闘技ファンや、格闘技に興味の無い層の支持が高いことがわかります。これがアントニオ猪木の言う「環状線理論」ってやつでしょうか。マニア層の外側を流れる熱が「環状線の内側」とリンクしたとき、何か凄いことが起こる気がします。



★ その他の気になるニュース

「プロレスの神様カール・ゴッチその真実と真髄」は保存版の価値ある4時間もの映像集
 by miruhon.netさん これは、なんとしても見ないと。

秋山は、ホイス戦や魔裟斗とのMIXルールを提案していた
 by OMASUKI FIGHTさん ホイス戦に関しては、青木戦やミルコ戦よりファン需要があったかもしれませんね。

前田が石井慧に警告「しっかりチームを作らないとUFCに潰される」
 by 見たくない奴は見に来るな!さん

Dynamite!!でボブ・サップ vs キン肉万太郎
 by Dream公式サイトさん

プロ格ファンの世論は→ブログランキング Dynamite!!でボブ・サップ vs キン肉万太郎というカードが発表されました。キン肉万太郎の正体は。。。このカード、プロ格ブロガーからの批判が多くなる予感。僕は支持を表明します。


・・・今日も長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
ところで、うちのブログ。コメントしていただいても反映するまで時間がかかるケースがあるようです。ブログ運営会社の仕様みたい。そのため、投稿ミスかと思って複数回コメントを寄せてくださる方が多いです。ご迷惑をおかけしております。気づいた時点で削除など調整しておきますので、がんがんコメントしてくださいね。

また、このタイムラグのせいで、せっかくお寄せいただいたコメントを当方が見逃してしまい、レスをし忘れているケースがあるかもしれません。悪意はございませんのでお許しください。


ラベル:THE OUTSIDER
posted by おも格 at 15:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

本日、THE OUTSIDER 第4戦! 過去最大の濃ゆい大会が、いよいよ開催。動画情報もあります。

今もっともチケットが取りにくい格闘技大会、THE OUTSIDERの第4戦が、いよいよ本日開催! またあの熱い祭が始まる。。。

いつもながら、あまりにも濃ゆい出場者が揃っています(RIGS公式サイトさん選手紹介。全5ページ)
が、今回は過去のMVPクラスが大挙して再登場。ボンズ加藤 vs 清水征史郎、柔術弁護士 vs ワースト加藤など「アウトサイダー版ダイナマイト」とでも呼びたくなるような様相を呈しています。

そんな中で、僕がいちばん注目している試合は、第24試合、セミファイナル。
「第3回大会MVP 格闘彫師」吉永啓之輔 vs 「プロレス格闘技ブロガー」佐野哲也

第参戦では「MVP前田日明賞」と「ベストグランドテクニック賞」をダブル受賞し、固定ファンもついている吉永にとって、本格派のアマチュア格闘技強豪でもある佐野との対決は大一番です。アマチュア大会、それも異色のアウトサイダーにあって、非常に勝負論が強い一戦と言えるでしょう。

格闘彫師 吉永選手のブログ
佐野選手のブログ「スイミング・アイ」



★ 動画はここで見られる!

おも格にアクセスしてくださる方の検索キーワードでトップなのがアウトサイダー関連情報。プロ大会を差し置いて、だんとつの1位です。中でも「ジ・アウトサイダー 動画」という検索フレーズが最も多く、毎日沢山の方が、同大会の動画情報を探していることが分かります。

で、昨日から、パソコンの高画質で視聴可能な動画配信サービスが始まっています。

THE OUTSIDER 特集ページ(DMM.comさん)
上記リンク先には、無料の「大会PR動画」と「前田日明インタビュー」あり。
今のところ、過去の大会ごとの厳選名勝負を配信中。
第壱戦ベストバウト(86分)第弐戦ベストバウト(87分)第参戦ベストバウト(90分)
料金は、ストリーミング配信の315円から。ざっと写真だけ見ましたが、やっぱりソソられる。僕はまだ見ていないので、感想はまた改めて記事にしますね。

ちなみに、本日開催の第4戦は、30日から配信予定みたいです。


携帯動画配信はこちら。ただし、docomo限定です。



★ 試合の様子や結果を早く知りたい方へ

残念ながらチケットは発売直後に完売。しかし、もしかすると、15時前後からネットで速報するサイトがあるかもしれません。

どちらのブログが速報されるかは現時点では把握していませんが、会場の様子や試合結果を早く知りたい方は、プロ格のブログランキングスポナビから探してみてください。


スポーツナビさんが今回も速報されるようです。Fight&lifeさんも速報をされます。

なお、前大会でブログ速報をされたNeoくまページさんですが、今日はブログとは別のところで手掛けられるようです。

※ リアルタイム速報を楽しまれる方は、同くまページさん作・実況テンプレートと、選手紹介()は開いておいた方が良いでしょう。
会場観戦される方もプリントアウトして持っていくと、より試合を楽しめると思います。



★ 大会の感想などは後日

感想といいつつ、今日は仕事のため、僕は生観戦もできず、ネットの実況や速報も楽しめません。とほほ。後日になりますが、ネットなどの記事を集めて、まとめ記事をアップするつもりです。


プロ格ファン世論→人気ブログランキング 石井慧のUFC観戦、ほぼ決定ですね。そのまま契約書にサインしちゃったりして。

ラベル:THE OUTSIDER
posted by おも格 at 08:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Dynamite!!」と「戦極の乱」、追加カード発表/ミルコ、ホンマン、未知強ハーマン、キング・モー! ★ 大晦日・新年イベントを盛り上げ隊(9)

一昨日・昨日と、「Dynamite!!」「戦極の乱」の追加カードがまたまた発表されました。じつは、昨日ブログを更新しようと思った矢先に、ブログ運営会社が使っているデータセンターの電源設備から発煙という事故が発生。もちろんブログは更新できず。
復旧作業は大変だったでしょうね。

ということで。センターも無事復旧したので、早速シャキーン!と追加カードについての感想をスタート!



★ 12・31 Dynamite!! でミルコ vs ホンマン!

ミルコ・クロコップ vs チェ・ホンマン(総合ルール)

大晦日らしい派手なカードでありながら、不思議な勝負論を感じさせる好カードだ。

今回からK-1復帰のウワサもあったミルコだが、このカードは総合ルールで良かったと僕は思う。両者の最近の戦績や試合内容から考えると、現時点では K-1ルールよりもMMAルールの方が、より2人の持ち味が発揮されると考えるからだ。

韓国でのバッシングが続き、半ばスランプ状態に陥っているようにも見えるホンマン。しかし、昨年の「やれんのか!」にて、ヒョードルをテイクダウンし、パウンドを叩き込んだ彼のMMA適応力は侮れない。また、ミルコには、Dreamでグラップリング・マッチを行うプランもあった。

「ミルコ選手のハイは届くか?ムリデス!」Dream公式サイトさんのインタビューK-1公式サイトさんのインタビュー
ミノワマン、坂口征治が参戦へ。山本KIDは残念ながら欠場。(GBRさん記事)

●12・31 Dynamite!! 決定カード
佐藤嘉洋 vs アルトゥール・キシェンコ(K-1ルール)
セーム・シュルト vs マイティ・モー(総合ルール)
ミルコ・クロコップ vs チェ・ホンマン(総合ルール)
所英男 vs 中村大介(総合ルール)
青木真也 vs エディ・アルバレス(総合ルール)
ジェロム・レ・バンナ vs マーク・ハント(総合ルール)
武蔵 vs ゲガール・ムサシ(K-1ルール)
桜庭和志 vs 田村潔司(総合?)
武田幸三 vs 川尻達也(K-1ルール)
ヨアキム・ハンセン vs J.Z.カルバン(総合ルール)
HIROYA vs嶋田翔太(K-1甲子園)
卜部功也 vs 日下部竜也(K-1甲子園)
K-1甲子園リザーブマッチ・K-1甲子園決勝戦

●現在ウワサにのぼっているカード
セルゲイ・ハリトーノフ vs.アリスター・オーフレイム
船木誠勝 vs 澤屋敷純一ほか



★1・4 戦極の乱 「未知強」参戦、キング・モーも再登場!

デイブ・ハーマン vs チェ・ムベ
キング・モー vs 内藤征弥
マキシモ・ブランコ vs 井上誠午
入江秀忠 vs 加藤実

なんと言っても、デイブ・ハーマンの登場が楽しみ。195cm、109kg。2006年の大晦日にアメリカでデビューして以来、破竹の13連勝。しかも、全ての試合がKO、TKO、一本勝ちというスーパー・アグレッシブ・ファイター。ムベとの対戦は、この「未知強」のお披露目試合となる。おも格としては、できればハーマンをアントニオ・シウバにぶつけて欲しかったが、それは次回のお楽しみということで。
SHERDOG FIGHTFINDER「Dave Herman」

そして、「今年もっともインパクトを残した新人格闘家」と僕が思っているキング・モーが、新春イベントにも登場。欠場となったホジャー・グレイシーの代役として戦極第五陣に急遽参戦、衝撃のプロデビューを果たしたモー。続く第六陣でファビオ・シウバを破り、「本物」の実力を証明した。2009年もキング旋風を巻き起こせるか。

オープニング・ファイトに出場するマキシモ・ブランコは、15歳で日本に留学し、仙台育英高校・日本大学でレスリング選手として活躍。PRIDE末期に同団体とプロ契約し、現在は戦極育成選手。すでにパンクラスでデビューをしており、戦績は1勝1敗1分(ノーコンテスト)。

同じくオープニング・ファイト。特異なキャラクターで独特の人気を集める入江。対戦する加藤は、2005年にPRIDEチャレンジでMVPを獲得。以後、MARSなどで活躍。戦績は2勝5敗。

プロ志望選手に希望を与えるという意味で、このようなオープニング・マッチを用意するのは素晴らしいことだと思う。これはDreamもどんどん見習っていただきたい。

●1・4 戦極の乱決定カード
吉田秀彦 vs 菊田早苗
五味隆典 vs 北岡悟(ライト級選手権試合)
三崎和雄 vs ジョルジ・サンチアゴ(ミドル級選手権試合)
アントニオ・シウバ vs 中尾“KISS”芳広
光岡映二 vs セルゲイ・ゴリアエフ
デイブ・ハーマン vs チェ・ムベ
キング・モー vs 内藤征弥
マキシモ・ブランコ vs 井上誠午
入江秀忠 vs 加藤実

●秋山成勲の名は無し。さらなる追加カードはあるか!?
戦極公式サイトさん記事



他ファンの意見は?ブログランキング これら追加カードについては、他ブログでも概ね好評。



★ その他の気になるニュース

バダ・ハリの処分内容について一つだけ加えてほしかったことがある
 by 格闘技サイコーさん
予選から出直し、ゼロからまた這い上がる姿を見せる、と。これはファンの僕も納得。


今こそ前田日明の“男気”見習え!!素人の格闘大会
 by 芸能:ZAKZAKさん

格闘技村の枠を超えて、ますます注目されている同大会は、ついに動画配信もスタート。そして、本日は第4戦の開催日! チケットは販売直後に売り切れ状態ですが、ネット速報を行うサイトもあるようです。おも格では、後ほど情報をまとめ、ジ・アウトサイダーの記事をアップする予定です。


ファン世論は→プロ格ブログランキング UFC行きがほぼ確定した石井慧については、今のところ、複雑な感情を抱くブロガーが多いかも。。。

ラベル:戦極 Dynamite!!2008
posted by おも格 at 07:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

読者さんに感謝を込めて。

大晦日でのミルコ vs ホンマン、正式に決まりましたね。前回エントリーにコメントを寄せていただいた「みっちゃん」さん、よかったですね。僕はこのカード、総合ルールで良かったと思ってます。戦極の乱も、チェ・ムベ vs デイブ・ハーマンを発表。ウワサのデイブ・ハーマン。。。また凄い選手を獲得したもんです。この戦績を見てください。


さて、ワタクシ事ではありますが、お知らせがございます。

昨夜のことです。おも格が参加している「人気ブログランキング」から通知のメールが届きました。

同サイトへの「文字によるリンク」が長いので修正してください、とのこと。規約を読むと、テキストリンクは20文字以内と明記されています。おも格の過去記事をチェックしてみると、該当箇所が沢山見つかりました。

ちなみに、今回の僕の違反についてネット検索で調べてみると、同じような修正依頼を受けたブロガーが沢山いらっしゃいました。どうやら「クリックポイント不加算」というペナルティがつくようです。その期間は、数日という人もいれば、1ヶ月の方もいる。ケースバイケースなんでしょうね。

僕がブログから得る収益は一切ないので、ランキングが下がろうと生活には全く支障がないのですが、違反の指摘を受けたことについては正直ちょっと凹みました。

もちろん、ちゃんと規約を読んで守らなかった自分が悪いです。ランキングサイト運営の方にはお手数をおかけいたしました。今後は気をつけます。また、知らずに同じ違反をしてしまう初心者ブロガーさんもいらっしゃるかもしれないので、今回、参考までに違反状況を記しておきます。

そして、おも格を応援してくださった方、ありがとうございました。開設から4ヶ月弱。まだまだ拙い素人ブログですが、これからもよろしくお願いいたします。

プロ格のブログランキングへ 一時的な結果で終わると思いますが、登録されているプロ格ブログの1位となりました。みなさまに心から感謝いたします。

ラベル:おも格のこと
posted by おも格 at 19:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バダ・ハリ参戦は濃厚か/戦極・Dynamite!! 追加カード発表★ 大晦日・新年イベントを盛り上げ隊(8)

こんにちは、富田靖子です。いつも私はさびしんぼう(ご結婚おめでとうございます)。

さて、先日のK-1WGP決勝戦で、反則行為により失格となったバダ・ハリへの処分が決まりましたね。ルールや契約内容により、出場停止処分こそ見送りに。それでもファイトマネーの全額没収、準優勝の称号のはく奪と賞金の没収、K−1ヘビー級王座の剥奪という、K−1史上で最も厳しい処分となりました。過去にはもっとひどい反則の事例があったといえ、注目度バツグンな大会決勝戦でしたから、仕方がないですね。なお、来年からは、同様の行為は出場停止となるようルールも改正。
K-1公式サイトさんの処分表明

Dynamite!!や来年のK-1出場については、バダ・ハリの反省の様子を見て判断するそうです。すでに、本人からの反省の弁は取り付けています。

・・・バダ・ハリの知名度は高い。僕のまわりの格闘技に興味のない人でも知ってたりします(悪い奴として、ですが)し、視聴率要員として、大晦日出場の可能性は濃厚と言えるかもしれませんね。決勝ラウンドで負ったダメージは大丈夫なんでしょうか。

ということで、もうすぐ大晦日&新年。先日相次いで発表された「戦極の乱」と「Dyamite!!」の追加カードについて!



★1・4 戦極の乱で、五味を倒したあの男が光岡と対戦

光岡映二 vsセルゲイ・ゴリアエフ

戦極第六陣で五味隆典を破ったゴリアエフが、1・4戦極の乱で光岡と対戦することが決まった。

五味との試合は微妙な判定で決着したとはいえ、リーチを活かしたゴリアエフの打撃は「本物」であるとの印象を僕は受けた。ライト級トーナメントの優勝候補の一角であった光岡とはいえ、これは厳しい相手となりそう。勝負論のある試合をガンガン組むのは戦極の良いところですね。ただし、北岡戦で負ったであろう光岡のダメージが少し心配。

●1・4 戦極の乱決定カード
吉田秀彦 vs 菊田早苗
五味隆典 vs 北岡悟(ライト級選手権試合)
三崎和雄 vs ジョルジ・サンチアゴ(ミドル級選手権試合)
アントニオ・シウバ vs 中尾“KISS”芳広
光岡映二 vs セルゲイ・ゴリアエフ

●秋山成勲の参戦もウワサされているが、どうなるか!?
戦極公式サイトさん



★ 12・31 Dynamite!!で、佐藤 vs キシェンコが実現

佐藤嘉洋 vs アルトゥール・キシェンコ(K-1ルール)
セーム・シュルト vs マイティ・モー(総合ルール)
所英男 vs 中村大介(総合ルール)

佐藤 vs キシェンコは、歴史的名興行となった今年のK-1MAXで、決勝戦として行われてもフシギじゃなかったカード。来年の目玉カードの一つを大晦日にもってくるとは驚いたはっきり言って「神カード」です。ありがたく拝見します。今年の佐藤は吹っ切れた。というか、何かに開眼したかのような「プロのオーラ」が漂いはじめました。欠場確定(当然ですね)の魔裟斗の残影が消し飛ぶような好試合が期待できそう。

シュルト vs マイティ・モーは総合ルール。今年はこういうの多いですね。ただ、K-1WGPによる鬱屈が溜まっていそうなシュルトの試合っぷりは見る価値がある。シュルトはもちろん、モーもキム・ミンスにTKO勝ちをおさめるなど、総合ルールでの結果は残している。

所と中村。公式プロフィールの体重差、11kg! 所の大晦日は毎年こんなのばっかり。契約体重制での試合となるようだが、今からお互いが増減量? 所は来年のフェザー級GPに向けて調整していたのではないのかな。ただ、2人とも面白い試合をする選手ではあるし、「前田日明さんの弟子で、かつ山本喧一の弟子(所) vs 田村の弟子(中村)」といったプロレスチックなテーマ性が見出せないこともない。ところで、また「あの映像」が使われるかもしれないと想像すると、前田ファンの僕としては複雑な気持ちになる。仕方ないか。とほほ。

●12・31 Dynamite!! 決定カード
佐藤嘉洋 vs アルトゥール・キシェンコ(K-1ルール)
セーム・シュルト vs マイティ・モー(総合ルール)
所英男 vs 中村大介(総合ルール)
青木真也 vs エディ・アルバレス(総合ルール)
ジェロム・レ・バンナ vs マーク・ハント(総合ルール)
武蔵 vs ゲガール・ムサシ(K-1ルール)
桜庭和志 vs 田村潔司(総合?)
武田幸三 vs 川尻達也(K-1ルール)
ヨアキム・ハンセン vs J.Z.カルバン(総合ルール)
HIROYA vs嶋田翔太(K-1甲子園)
卜部功也 vs 日下部竜也(K-1甲子園)
K-1甲子園リザーブマッチ
K-1甲子園決勝戦

●現在ウワサにのぼっているカード
ミルコ・クロコップ vs チェ・ホンマン
セルゲイ・ハリトーノフ vs.アリスター・オーフレイム
船木誠勝 vs 澤屋敷純一ほか
K-1公式サイトさんDream公式サイトさん会見記事

・・・あと6試合(K-1ルール1試合、総合ルール5試合)追加予定だそうです
。全18試合。格闘技ファン好みのカードが徐々に揃ってましたね。



追加カード、他の意見は?ブログランキング 他ブロガーは賛否両論。ですが、「お祭りだからいいか」という考え方もありますね。



★ その他の気になるニュース

●THE OUTSIDER動画配信が前倒しスタート。携帯は本日ネット配信は明日19日から
 by RINGS公式サイトさん

谷川FEG代表、石井のUFC挑戦にガッカリ
 by スポーツナビさん FEGは石井のプロモーションに尽力してましたしね。

ミルコ vs ホンマン決定か
 by MMA IRONMANさん MMAルールという話。今日にも正式発表か。


他ブロガーはどう考える?ブログランキング ←「最強」をめざす石井慧の離日については、応援しているブロガーが多いかな。。。ATTでトレーニングするようです、

posted by おも格 at 11:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。