2008年11月04日

五味に黒星をつけてまで獲得した「二つの価値」を、戦極は大事に育ててほしい。

キング!? モー!!
キング!? モー!!


ということで、戦極第六陣、録画観戦。長かったー、けど面白かったー。

最初にいくつか文句を言わせてもらうとですねー、途中で中継が切れるなんてありえない。昔の新日中継じゃないんだから。おかげでネットに流れている動画を探すのに、どんだけ時間がかかったことか。RARファイル? なにそれ? エラーばっかで解凍できんっ。

それから、例によってセコンドの声を拾いすぎて、実況席の声が聞き取りにくい場面が結構ありましたよね。いろんな思惑があっての手法なんだろうけど、なんとかならんもんかなあ。

・・・今回の文句はこれくらいかな。さあ、第六陣から印象に残った試合を二つピックアップして感想を。



★ゴリアエフ vs 五味

○セルゲイ・ゴリアエフ(3R判定 2−1)五味隆典●

接戦になると予想していた。しかし、まさか五味が判定で負けを宣告されるとまでは想像できなかった。

メジャー興行転向後はプロ意識を前面に押し出し、「スカ勝ち」を信条としてきた五味である。

PRIDEから戦極に場が移っても、そのプロ意識は変わることなく、第一陣、第四陣では、ふがいない勝利に反省の弁しきりであった。そんな五味であるからして、MMAにおいては無名に近い相手と対峙する今回は、身長差・リーチの差など不利を承知で打ち合いにいくのではないか、と期待していた。

はたして、五味は打撃でダメージを食らい、第3ラウンドでは一発逆転を狙うべく怒涛の反撃を試みて、さらなる打ち合いにのぞんだ。すでに第2ラウンドで足を傷めたかに見えた五味の反撃は、気迫に満ちていた。実況席が「魔裟斗 vs 佐藤」を引き合いに出したのもうなずける。



判定について。

あの判定。仮に引き分け有りのルールならば「両者痛み分け」でも文句は出なかったのではないか。プロ格ブログや掲示板をざっと読んでみたが、「そこは五味に勝たせるだろフツー」みたいな意見も散見された。五味は戦極のエースであるのだから、接戦であれば彼に勝たせても不思議はない。

しかし、そこであえて五味に負けを宣告することで、戦極は二つの価値を手に入れたのだと僕は思う。

ひとつは、戦極の「競技」性のアピール。うちは変な判定はやりませんよ、と。

・・・プロ格闘技とは、必ずしも純粋な競技ではない。商業的な思惑によって勝敗が左右されたり、裏で変な協定を結んだり、いろんな裏ボーナスがあったりと、競技だったらそんなことはしない。

今回の興行でも、首を傾げたくなるレフェリングが多少は見受けられた。だけど、注目の一戦において「競技としての厳格な採点」をアピールしたことは、他団体との差別化をはかる上で大きな意味を持ってくるかもしれない。


もうひとつは、五味と、新チャンピオン北岡との対決。1・4「戦極の乱」が、がぜん楽しみになってきた。勝者と挑戦者の立場が入れ替わったが、かえって「五味のリベンジ」という新たな価値が加わった。今回トーナメントに参加した他選手、参加しなかった選手との絡みも含めて、ライト級の今後に注目したい。

そして。

この階級を牽引してきた五味は、格闘技界の宝だ。その五味に黒星をつけてまで獲得したこの二つの価値を、戦極は大事に大事に育ててほしい。



★北岡 vs 横田

○北岡悟(3R判定 3−0)横田一則●

「一発食らうとKOされるかも」というリスクを背負って、ストライカーをタックルで倒し、ひたすら足関を狙う。「グラップラー対ストライカー」が噛みあったとき、至高の「異種格闘技戦」が生まれる。まさに、そんな試合でした。

北岡の試合は素直におもしろい。そして、準決勝で疲労とダメージを負った横田も、最後まで前に出て打ち合った。この二人、万全のコンディションでの試合を見てみたい。ミルホンネットによれば、試合後、横田は北岡にワンマッチでの再戦を申し込んだが断られたという


いつか再びトーナメントが行われるのであれば、ぜひ二人の一回戦でぶつけてほしいです。

なお、北岡は勝利者インタビューで、パンクラスの大先輩である船木誠勝へ感謝の意を表した。
昨年復帰した船木について、北岡は苦言を呈し、「船木をボコボコにしたい」と対戦表明まで行っていた。

また、プロレスファンでもある僕にとって、この決勝戦はパンクラス対GRABAKAの対決でもあった。パンクラシストが「パンクラスの勝ち方」で勝利したことと合わせて、北岡のマイクには感慨深いものがあった。

よくぞここまで成長したもんだ。北岡悟選手。おめでとう。

新たなスターの誕生にカンパイ!



★おも格から表彰

戦極第六陣

・MSP(モースト・シャキーン!!プレイヤー)・・・北岡
・ベストバウト・・・北岡 vs 横田
・根性賞・・・五味


・・・そして来年、1・4「戦極の乱」。
北岡と五味の対決! サンチアゴと、彼にとってアウト・オブ・眼中な三崎との勝負! そして、レスラーの身体能力の高さを改めて思い知らせてくれたキング・モー! ほんとに来るのか泉浩! などなど、楽しみがいっぱいです。

ただ、五味の足が心配です。。。


・→五味や北岡については、ブロガーによって見解が様々です→プロ格ブログランキング



ラベル:戦極
posted by おも格 at 21:08| Comment(15) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。