2008年10月30日

THE OUTSIDERの写真がRINGS公式サイトにアップされてるYO!

10/19に行われた THE OUTSIDER 第参戦の写真が、RINGS公式サイトで大量にアップされている。

おっかないけどいい表情をした男たち。
セクシーなラウンドエンジェルたちもいっぱい。
ワシもこの場にいたかったYO。。。なんでYO? いや、気分で。

RINGS公式サイト>>ギャラリー15
今回は全部で8ページ。


★くまさんの観戦記も

ジ・アウトサイダー情報といえばNeoくまページ。
こちらでは、第参戦の観戦記をアップ中。
試合解説はもちろん、会場の臨場感が伝わってきておもしろいです。
アウトサイダー・フリークはブックマークしておいた方がいいかもしんないね。

その1
その2
まだまだ続くようです。



★ネットで読める THE OUTSIDER 第参戦の主な記事

こちらを併せて読むと、上でご紹介した写真や観戦記をもっと楽しめるかも!?

スポーツナビ格闘技速報
GBR速報試合結果
angle JAPAN
・ミルホンネット
内外タイムス
日刊サイゾー選手インタビュー(前編)(後編)
Neoくまページブログ速報 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7
RINGS公式サイトの試合結果


人気ブログランキングだYO! 


ラベル:THE OUTSIDER
posted by おも格 at 21:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IGFに期待すること ★ プロレス史に残るあの名勝負は、前座の第一試合だった[動画あり]

さっき田代まさしさんのブログを発見したんですよ。そしたらなんと、ブログの基本デザインが、おも格と同じテンプレートじゃないですか。田代さんといっしょ。ガビーン!! じゃないや、過去は過去として、今度こそ道を踏みはずさないようガンバってくださいね。



★プロレス史に残る名勝負は、前座の第一試合だった

さて。アントニオ猪木の団体IGFが、旧Uインター勢との業務提携を発表、着々とプロモーション活動を展開中である。時代を異にする両団体ではあるが、基本デザインは似ている。おも格と田代ブログより、もっと似ている。ともに、「プロレスの復興」をコンセプトとして掲げているからだ。

猪木とUインターといえば、新日本プロレスvsUインターの対抗戦をまっ先に思い浮かべるファンが多いのではないか。

この対抗戦。じつをいうと、僕をガッカリさせた試合が多かった。しかし、今もプロレスファンの間に語り継がれる名勝負も産み落としてくれたんだよね。

1995年10・9東京ドーム。
永田裕志・石澤常光vs金原弘光・桜庭和志

それは、Uインターvs新日本プロレス全面対抗戦の第一試合として行われた。

新日に迎合せず、U系カラーにこだわる金原や桜庭の意地。レスリング・エリートの誇りをかけて、金原のキックに対抗する永田や石澤。意地と技術がぶつかりあうプロレス、生々しい感情と格闘テクニックが交錯する「戦いのあるプロレス」が、そこにあった。



★試合の動画ですが

その試合、ネットで見つけた動画をご紹介。時間は短いけども、異様な緊張感は伝わると思います。

携帯の方は、こちらから視聴できるかも


永田・石澤vs金原・桜庭



★試合後の記者会見

「キックの試合がやりたければK-1に出ればいいんだよっ!」試合後の記者会見で、石澤が金原を罵る。それにかぶせて永田もインター組を口撃、最後に「それでもプロレスを成立させたことを評価してほしいね」と自らを称えた。

プロレスを成立させた。。。こんな発言をする永田について、ヤボな男だなあって当時の僕は思ったもんだ。

しかし、高橋本が出る前の時代にあって、そこまで踏み込んだ発言をさせるほどの興奮を永田にもたらした要素が、この試合には存在したのではなかろうか。

UWFスタイルをレスリング技術でもって追い詰めたという競技者としての誇り。リングで主導権を奪いあうという興奮状態にありながら、要所や締めに「プロレス」を忘れなかった表現者としての満足感。。。

ただし、この一戦は、かような理屈を抜きにしても、単純におもしろい試合であったと僕は思う。そこに、作られたものではない生身の感情があったから。



★IGFはちょっと注目しておきたい

MMAのスター選手を揃えるプロレス団体IGFは、「戦いのあるプロレス」を標榜している。

しかし、新日vsUインターの時代とはちがって、今は総合格闘技の技術的セオリーが固まりつつある。様式を超えた何かがほしい。IGFが、もう一歩突き抜ければ、、、そう思っていた矢先、高山がなにやらキナくさい発言を。

「今まで闘ってきた連中がダメだからか、猪木さんが出たがりなのかは知らないけど、いつも主役は猪木さんというイメージが強いね。猪木さんが最後に『ダーっ!』とやって興行を絞めるのなら、オレはその後に出て行って『ノーフィアーッ!』と叫んでやるつもり」

対戦カード発表!参戦決定の高山「猪木さんは優秀な営業マンでいろ」
 by 見たくない奴は見に来るな


高山が猪木を挑発! この先、猪木軍vs旧Uインター軍へ発展? これは期待してもいいのだろうか。

「戦いのあるプロレス」。ショーとしての戦いは、生々しい感情が加味されることで魂が宿る。その美味を知るファンにとって、IGFの今後は要チェックかも?


・IGFとUインター勢の件については、他のプロ格ブロガーも注目しています→人気ブログランキング
posted by おも格 at 17:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。