2008年10月29日

石井慧は“作られたスター”にはなるな! ★ 大晦日&ニューイヤーイベントを盛り上げ隊!A

朝晩めっきり冷え込む今日このごろ。おも格は連日机に向かいながらコーヒーをがぶ飲みし、心身を暖めつつも胃を壊しております。

そんな中、HOTな話題が飛び込んできました。FEGが石井慧をどうやら獲得したらしい、というニュースです。

なになに? 石井の動向に関するニュースはもう信用ならないって? うーん、最近流れた他ニュースと照らし合わせても、今度ばかりは信用してもよさそうですよ。

ということで、大晦日戦線を含めて、FEGが石井をどう料理していくのか!? これが気になってしょうがないです。


★FEGが獲得。Dynamite!!で挨拶の方向

 北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストの石井慧(21=国士舘大)が、総合格闘技「DREAM」入りし、大みそか恒例の「Dynamite!!」(さいたまスーパーアリーナ)のリング上でファンにあいさつすることが28日、明らかになった。
(中略)
 一方でDREAM側とも極秘に接触。国士舘大関係者はこの日、地元・大阪で石井慧後援会による祝賀会が行われる来月3日にも「プロという発言が出てくるのではないか」と話し、祝賀会が柔道界との決別と、総合格闘技転身の意気込みを表明する場になるとの見通しを話した。水面下ではDynamite!!のリング上でファンに参戦を表明する方向で調整が進んでいるもようだ。
(中略)
 家族らの意向で、来春の国士舘大の卒業を優先させることと、打撃など総合格闘技の練習も不足しているため、Dynamite!!ではリング上で参戦を表明するだけにとどめる。大学卒業後の来春、満を持してDREAMデビューする21歳は、五輪金メダルに続く新たな夢へまい進することになる。

石井決断!Dynamite!!でリングデビュー by スポニチ

生まれたての柔道金メダリストがDREAMに参戦すること。どんな選手に育つんだろう。想像するだけで心が弾みます。格闘技界にとっても、テレビ局やスポンサーに対する交渉材料として、こんなに心強いことはないのでは。



★「挨拶のみ」はベストな選択

じつは、条件さえ整えば、石井慧にはDynamite!!でグラップリングマッチに出場してほしいと僕は望んでいた。

ところが、GONKAKU12月号の記事によると、石井の寝技の技術は、体重差のある青木真也に「極めたり極められたり」のレベルであるとか。いや、もちろん青木が凄すぎるんだけどね。ただ、今の状態で体重の近い寝業師と試合をすれば、グラップリングであっても相当苦戦するかな、という印象を受けた。

これはまだ、ちょっと早いんじゃないの、と。

幸いなことに、今年の大晦日には試合は行わず、リングからの挨拶のみに留めるというのが石井サイドの意向であるとか。

また、筋道を通すことにこだわる日本柔道界にとっては、大学卒業を前に、格闘技界の青田刈りでプロデビューという形を取られればメンツが丸つぶれとなってしまう。後進のための門戸を閉ざしてしまわないためにも、今回の選択はベストだと僕は思ってます。ああ、よかったよかった。



★石井は“作られたスター”にはなるな!

さてさて、気になるのが石井の「育て方」。これほどの大物だ、デビュー戦では「石井を立ててくれる相手」を用意するという手もあるだろう。というか、FEGはこれを躊躇なくやりそうで怖い。

しかーし!

石井は作られたスターになってはいけない。僕はそう思っている。

この先、10年、20年と戦える選手なんだから、プロ総合格闘家として通用するようになるまで多少時間はかかってもいい。レスリングの田中章仁と同じように、「FEGの強化指定選手」として大切に育てていただきたい。

たとえば、トレーニング環境が整った国に腰を据えつつ、来年は地上派ゴールデンのある大会のみグラップリング・マッチのために帰国。そして、2009年大晦日に総合格闘技デビュー。と、最低でもこのくらいのスパンで考えてほしい。お願いしますよ館長さん。石井つながりってことで、大事に育ててあげてください。

試合に関しては、デビュー戦でヒョードルと戦うなんて論外。最初はそこそこの選手と。徐々に強い相手と対戦していただきたい。そんな流れの中で、しばらくは負けが続いたっていいじゃないですか。

ワシら、すれっからしの格オタが文句ひとつも言えないような、ガッチガチのステップアップ。ひいきのレフェリングや判定も一切なし。そして、数年後にはばればれのプロテクトによってではなく、本人の実力でもって栄光の座を掴みとる。華もあるけど実力もホンモノ、そんな石井慧が活躍する未来の格闘技界を楽しみに待ってます。

石井「見て!見て見て!」 サンスポ記事へジャンプ



★気になる記事

格闘技専門誌「リアルバトルトーク」11/13に1年ぶりの発売。表紙は前田日明。 by 高須基仁の“百花繚乱”独り言


・石井慧プロ転向については、ブログによって見解もいろいろです→人気ブログランキング


posted by おも格 at 12:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。