2008年10月09日

格闘技好きな僕が、ときどき懐かしくなる原風景★前座の力道山、荒川真

昨日に続いて、プロレス観戦の思い出。


僕の中学時代は、クラス男子の半分以上がプロレスファン。女子にもプロレスファンはいたが、そのほとんどは、新日本プロレスの裏番組「金八先生」に登場するマッチだの俊ちゃんだのに夢中になっていた。


年に一、二回やってくる新日と全日。
プロレス興行がある日は、僕ら男子にとって、お祭りだった。


その日、僕と仲間の数人は、体育館前で入場時間を待っていた。
大スポのエロエロコーナーを広げてウホウホ言っていた僕らに、後ろから声がかかる。


「おっ? ちょっとその新聞見せて?」


体育館は、中学の側。もしや、生活指導の先生が見回りに!? あわててエロページを隠そうとしたが、その声の主は、プロレスラーの荒川真さんだった。


当時、荒川さんは、新日の寮長みたいなことをされていたんだろうか?
たしか、巡業には、荒川さんか藤原喜明さんのうち一人が参加し、どちらかが新日の寮に残る、という形だったと思う。


僕は大喜びした。
「あ! 荒川さんやん! 今日、荒川さん出るん?」


荒川さんは、大スポの一面からエロエロページまでざっと目を通しながら、
「うーん? 出るよー?」と気のない返事をした。

僕らは「やったー!」と大声をあげて飛び跳ねた。彼の試合はあまりテレビには映らなかったものの、新日ファンの間では相当な人気選手であった。


その日の荒川さんは、いつにもまして、大活躍。

お得意の「カンチョー攻撃」を10回はキメたし、当時の新日ではメインイベント以外ではめったに見られなかったジャーマンなどの大技もたくさん繰り出した。


なんにも考えてない中学生の失礼なコトバを、あの日の荒川さんは喜んでくれたんだろうか。


その何年か後、僕の関心は「純プロレス」から離れ、プロレスから枝分かれした「格闘技」という新ジャンルへと傾いていく。


だけど、ときどき、あの日のような牧歌的な空気が無性に懐かしくなるんだよ。


前座の力道山 ドン荒川
 あの頃の荒川さんの動画が。



★その他気になる記事


深読み石井慧フリーダム by OMASUKI FIGHT
・・・RINGS以来の日本マット界の夢である「総合格闘技のオリンピック競技化」。北京五輪も終わったし、福田会長がいよいよ本気で動き出すか。


☆グレーゾーンのないデジタル格闘技が生み出す難民「ミーハー族」☆ by チャイニーズアキ姫の日記
・・・納得。ファンには「マニアとライト層」の二種類しかいない、という発想は、たしかに限界があるよな。


38歳・辰吉 10・26タイで再起戦 by デイリースポーツ
・・・また賛否両論の声があがるんだろうか? もうそんなレベルを超越してる。これは、生き方の一つだよ。


人気ブログランキングへ


posted by おも格 at 12:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。