2008年10月03日

歴史的名勝負に水を差した、あの判定の件★「興行」であっても土台であるルールを固めてくれないとノレないすよ

魔裟斗vs佐藤の判定の件。


昨夜はコメント欄に返信をしたあと、いろんなファンブログや掲示板を読んでみた。そこで気づいたんだけど、あの判定について激怒している人には、魔裟斗のファンも含まれている。


名勝負であったからこそ、主催者によって水を差されたことが許せない人が結構いる気がした。


感情のベクトルはさまざま。でも、ほんと多くのファンが、この件については残念に思ってるんだよな。いろんな意味で。主催者の発表とかもややこしかったし。。。


そこで今日は、そのファンの思いや問題点を整理して、今後の対策などを考えてみたよ。



★ファンの見解はさまざま


魔裟斗vs佐藤、例の第3ラウンドに関する意見は、大きく分けて4種類あるように思う(魔裟斗vsキシェンコも、これに準ずる)。

つまり、

1・何もかも問題はない
2・魔裟斗がポイントを取り返したのは妥当だが、ルールに関しては問題がある
3・第3ラウンドの時点で魔裟斗が負けていた。
4・とにかく角田が悪い(ルールを厳格に適用しなかった点、そもそものルール設定が曖昧、など)

このようなカンジでしょうか。



★僕は、2です


僕の意見は、この2に該当する。


魔裟斗がポイントを取り返したのは、妥当だと思ってる。そして、エキストラ・ラウンドでは魔裟斗はしっかり挽回した、っていう認識です。


で、ここからは、あくまでも魔裟斗がポイントを取り返したという前提での話。

9-8を10-9と改めたところで、本質的にはポイントの差は変わらない。問題なのは、点数のつけかたがルールに則ったやり方でなかったこと。



★ルール表記がテキトーすぎ


そっち方面の責任者である角田さんが、ルールの表記上のミスを認めて訂正しましたね。


角田信朗・競技統括プロデューサー「オフィシャルルールにあった、ラウンドで必ず優勢の選手が10−9がつくという表記は訂正したいと思います」

スポナビ記事


では、そのルール表記は、どうなってるんだろう。


第10条 【採点基準】 試合の得点は次の項目に該当するものを基準として評価、採点される。

第2項 採点の優先順位は、
1. ダウン数
2. 相手に与えたダメージの有無
3. クリーンヒットの数
4. アグレッシブ度(攻撃点)
とする。

両選手10点満点を基点とし、劣勢もしくはペナルティを受けた選手から減点していく採点方法を取る。なお、採点の基準は以下の通りである。

* 微差の場合は10:9.5
* 明らかに差がある場合は10:9
* ダウンに近いダメージがある場合10:8.5
* 1回のダウンがある場合10:8、但し、フラッシュダウンの場合は10:9になる場合もある
* 2回目のダウンがある場合10:7(トーナメント決勝戦、ワンマッチの場合)
* 明らかに優勢であるが、反則等により減点1があった場合9:9
* ダウンを奪うが、反則等により減点2があった場合8:8
但し、トーナメント本戦においては、両者の差が0.5ポイントの場合は引き分けとなるが、ワンマッチおよび延長戦においては、0.5ポイントの場合でも勝敗を決する。

K-1公式ルール抜粋


たしかにこの採点基準には、今回のケースに該当するような表記が見あたらない。


そう、表記。


今回のゴタゴタを招いた原因のひとつは、ルール表記上のミスによるもの。ついでに書くと、廃止されたはずの0.5ポイント制なんかはしっかり明記されていたりもする。


おーい、おいおい。とりあえず、ルールブックの表現的な穴を埋めないと。ちゃんとやってください。

こんなことで名勝負に水を差されるのはゴメンですよっ。



なお、表記以前の問題である「ルールそのもの」については、この改定案に僕も賛成です。


ダウンを奪われて2点減点されても、同一ラウンド内に挽回すれば、減点1を取り返せるとするのがベストじゃないかと思います。

K-1の採点方式はこうあるべき by K-1心中



★角田さんの記者会見と、判定アナウンスのモタつき


試合後に、ルールブックの表記を変更すると角田さんが意思表示したこと自体は、僕はおかしいとは思わない。より現状に沿ったルールに変えていくなら、それに越したことはないからだ。


ただ、あの記者会見、どうにも言い訳じみてるような印象が強かった。工夫次第では、ここまでゴチャゴチャしなったはず。もったいない。


判定結果を伝えるアナウンスがモタついたのも、変な疑惑を招く原因になってしまった。いつも、もったいぶる。いや、いつもはいいんですよ。ドキドキ感が高まるから、キライいじゃないです。


ただ、今回は、魔裟斗がしびれをきらすほど間があきすぎて、そのことが、さらに妙な疑惑を招いてしまった。係りの人が集計にとまどったのか、それとも「いつもよりモタつく」ことが激闘にふさわしいと思ったのか。とにかくプロの仕事として、結果的に失敗でした。残念すぎる。



★興行であってもルールは厳格に適用してくれないと


このブログで、僕は「プロ格闘技とは興行である」と幾度となく書いてきた。もっと言うと、「プロ格闘技とは、競技をウリにした興行」だと思ってる。


だからといってルールを軽視していいわけではない。ルールは競技の土台であり、ゆえに、興行の土台でもある。


ぐらつく土台の上では気持ちも踊らない。



K-1MAXと同じ会社が主催する総合格闘技興行、DREAMも、トーナメントのルールを軽視して一部選手を優遇し、僕をガッカリさせてくれた。


選手は悪くない。運営に問題があるんだ。


・・・しかし、こういう記事は書いてて凹むなあ。


二度とこのような思いをしなくて済むように、主催者の努力を期待しますよっ。



★その他気になるニュース


柴田勝頼、次へ向けて動き出す by カクトウログ
・・・滑川とやるという話が。柴田、もう一度メジャーめざしてがんばれよー!


今夜SRS最終回 by K-1公式サイト
・・・放送の無い地域の人は、いっしょにkeyHoleTVで見よう。なんちゃって。録画できないのが残念。


魔裟斗の件は、ブログによって見解もいろいろです→人気ブログランキング
タグ:K-1MAX
posted by おも格 at 12:37| Comment(18) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。