2008年10月02日

[K-1MAX]格闘技ファンの誇りを取り戻せた夜★王位に復帰した魔裟斗★そして去りゆく英雄も

まさに神興行と呼ぶにふさわしかった、昨夜のK-1MAX。


生観戦した人は幸いだ。
一生もんの宝になる。


テレビで観戦した僕でさえ、格闘技ファンであったことに心から誇りを持てたんだから。


魔裟斗絡みの試合の他にも見所がたくさんある興行だったし、好勝負連発状態でしたけど、今日はK-1甲子園と、魔裟斗の準決勝・決勝に絞って感想を。



★K-1甲子園


先日放映された特集番組のノリを、TBSがそのまま今日のMAXに持ち込んだら違和感があるかも。そう危惧していたが、結果的に杞憂に終わったよ。


HIROYAは別格として、日下部竜也の試合っぷりのおかげで、大晦日への期待が高まった。


大会場での試合。勝った喜び、負けた悔しさ。
若い選手らにとっては、なにもかもが貴重な体験でしょう。


レフェリーのストップが早いという声も聞こえてきそうだけど、10代の少年の試合、安全重視で正解だと僕は思う。

HIROYAと戦った平塚大士は、グラっときた状態ですかさずダウンを取られた。悔しいだろうな。でも、彼の未来は無限に広がっている。練習次第でどんどん強くなるよ。若さというのは、そういうことです。



★トーナメント 魔裟斗vs佐藤、魔裟斗vsキシェンコ


○魔裟斗
本戦1-0で佐藤→延長R 判定3-0
×佐藤嘉洋


○魔裟斗
本戦1-0で魔裟斗→延長1R 判定3-0
×アルトゥール・キシェンコ


僕はこれからの人生、負けたりくじけそうになったとき、昨日の魔裟斗を思い出すことにしよう。



佐藤との準決勝、キシェンコとの決勝。


準決勝3Rは、判定は微妙ではあったが、かといって魔裟斗の勝ちに違和感があるわけでもない。あれで佐藤の勝ちにされていたら、もっと違和感が。だから、僕はあのジャッジを支持しますよ。採点ルールについては、試合後に角田さんがゴニョゴニョ言ってたようだけど。

魔裟斗のあの盛り返しをポイントに反映できないルールであったとするならば、それは元からそのルールに不備があるんだよ。大体、こんなことでケチをつけていいような試合ではない。



ああ、こんな説明をしていることが無粋の極みに思えてくる。
とにかく、ものすごいものを見た。
当分は、ただただこの感動に酔いしれていたい。
そんな気持ちにさせてくれるほどの熱闘でした。


魔裟斗はいつも、対戦相手と同時に世間と戦ってきた。
命を削るかのように、リスクをしょってでも殴り合う彼の試合スタイルは、昨日の決勝でも変わらなかった。

その意志の強さ。プロ魂。たたずまい。
格闘技観戦で目頭が熱くなったのは、いつ以来だろう。。。



★テレビ番組としても上出来


・魔裟斗ファンと佐藤ファンの応援合戦(プロ格で、こんなの久しぶりじゃないの?)。

・あの魔裟斗が二度もダウンを喫し、二度ともそこから盛り返す。

・エキストラ・ラウンドの連続。

・アップになった自分の映像に戸惑う魔裟斗の嫁・矢沢心さん。

・いつもは「大袈裟だなあ〜」って思う谷川貞治氏の解説さえ、昨夜に限ってはそれほど違和感を覚えなかった(おいおい)。


というわけで、これまで格闘技マニア内での評判が悪かったTBSだけど、その「制作ノウハウ」と「熱のある試合」がしっかり噛みあったときには、こんなにも見応えのある格闘技番組になるんだなあって実感した次第。DREAMもがんばれ。



そして、あらためて、魔裟斗、王位復活おめでとう!
佐藤選手はじめ、他の選手もありがとう!



★清原が引退した


復活したヒーローもいれば、去りゆく英雄もいる。

魔裟斗がチャンピオンに返り咲いたのと同じ日、オリックスの清原和博が引退。

最近はすっかりそっち方面にはご無沙汰だけど、少年時代に野球に打ち込んでいた僕としては、ついに「あの清原」が現役生活を終えるというのは感慨深い。秋山・清原・デストラーデのトリオで西武ライオンズを引っ張っていたころが懐かしいよ。あのころの西武って、華もあったし試合もおもしろいという、理想の「プロの試合」を魅せてくれた。


プロ格ファンとしては、清原と前田日明の関係も興味深い。



巨人移籍後まったく打てなかった清原は、心労により一時は自殺を考えた。

1999年オフ、藁にもすがる思いで前田日明に紹介してもらったケビン山崎のジムに通い、決死の覚悟でウェイトトレーニングを開始。食事は鶏肉と卵の白身だけという生活を続け、死に物狂いで鍛え続けた清原は、2001年にはプロ入り後初めてシーズン100打点を超えるなど自己最高の成績を残す。

wikipedia 清原和博


肉体改造やってたねえ。ケビン山崎は、前田日明の引退前にフィジカルトレーナーを務めた。魔裟斗も、初のK-1王者になった時期に、ケビン氏の指導を受けていた。その肉体改造によって清原は見事好成績を収めたわけが、相性が悪かったのかどうなのか、後に、怪我に悩まされる状態が続くことになる。

2005年には、下半身の負担を減らすべく「ナンバ走り」も取り入れた。これ、高阪剛が格闘技雑誌で解説してたね。走ったり歩いたりするとき、手足を左右揃えて動かすことで、重心を分散するというやつ。あの記事を読んでマネをした格闘技ファンも結構いるんじゃないかな(わしだけか)。


怪我にかぎらず、波乱万丈の現役人生を過ごした清原。
23年間のプロ生活、おつかれさまでした。



昨日の引退試合、京セラドームには、予告どおり、秋山成勲も来場したとか。

さあ清原、大晦日には埼玉スーパーアリーナでプロ格闘技デビューだ!・・・って、さすがにそれはないか!?


ともあれ、チャンピオンに返り咲いた魔裟斗と、ついに引退した清原。二人の英雄の節目となった2008年10月1日は、僕にとって忘れがたい日となりそうだよ。


人気ブログランキングへ


ラベル:K-1MAX
posted by おも格 at 11:54| Comment(18) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。