2008年09月30日

競技を超えた存在、それがプロ格闘家だ!?★魔裟斗のプロ魂に思う

明日はK-1MAX!


魔裟斗vs佐藤嘉洋にワクワクしてますよ。


興行を盛り上げるためか、はたまた本当にお互いがあまり好きじゃないのか、これまで舌戦を繰り広げてきた二人のK-1ファイター。

昨日の個別記者会見でも、その勢いは止まらなかった。


先制“口撃”は先に会見した魔裟斗。

自分の応援シートが好調な売れ行きを記録し「ツイている」と語っていた佐藤に対し「お前はかわいそうなヤツだなぁと。そこで運を使っちゃったねぇ、キミ」と突き放した。

ところが佐藤も譲らない。このコメントに「バカな人ですねぇ」とMAXのカリスマを鼻で笑った。「運は使い切ると、より大きな力が生まれるんです」と持論を展開させ「あの人の言葉は耳には入るが、心には響かない」と完全否定だ。

スポナビ記事


魔裟斗のビッグマウスに、佐藤が追従してる形か?


それにしても、魔裟斗のプロ魂には毎度頭が下がります。
試合前は挑発合戦で盛り上げ、試合になれば相手のスタイルに合わせて、「魅せる試合」を心がける。

リスクとの結果のバランスを、常に計算しながら。


格闘技に限らないけど、プロのスター選手には、競技という枠におさまらない存在でいてほしい。


それをずっと体現しているのが魔裟斗であり桜庭。

バダ・ハリや青木真也もそれに近い存在だと思う。
PRIDE時代のヴァンダレイ・シウバも、プロの中のプロ。キャラ作りと試合スタイルがマッチして、独特の雰囲気を醸しだしていたね。

アンディ・フグはじめ、かつてのK-1を支えてきた選手らも、競技を超えたプロ魂を見せつけて、僕らを感動させてくれた。



あらためて書くのも無粋だろうか!?
でも、書いちゃいますよ。

プロ格闘技はアマチュア競技ではない。


「お客さんとも戦うのがプロレスです」なんて名言を吐いたアナウンサーもいたけど、じつは、それってプロ格闘技にも100%あてはまるんだよな。


逆にいうと、勝つだけでは人気が出ない。ほんと選手は大変だ。


けど、、、KOや一本を狙わない選手がどれだけ好成績を残そうとも、あんまり心が動かないのも事実です。リスペクトはするけども。。。
残念ながら、これだけはどうしようもない。あはは。



さて、K-1MAX。
オープニングファイトでは、K-1甲子園の準々決勝も行われる。
先日放映されたテレビ番組で、プロ選手顔負けのド根性で感動させてくれた若者たち。

おも格 未来への投資!K-1甲子園テレビ観戦記


未来のプロの試合っぷりに明日も注目したい(って、TBSで放送されるかな?)。



★ブログのデザインを


ちょっといじってみました。

我流のスタイルシートとか、よくわかんないけど、とりあえず表示されてるから結果オーライ!?


人気ブログランキングへ


ラベル:K-1MAX K-1甲子園
posted by おも格 at 21:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。