2008年09月13日

秋山vs外岡をおもろー!な試合にする秘策★外岡に勝機はあるか?過去の試合内容を調べてみた

DREAM6に出場する秋山成勲が、正道会館の凄腕空手家である外岡真徳を対戦相手に選んだ。


異種格闘技戦を見て育った僕は、柔道vs空手の対決という構図にはパブロフの犬みたいに無条件に涎が出る。会場に見にいってみようか、という気にさせれらる。というか、そういう風にできてしまっている。



★秋山が選んだ相手・外岡が挑発するも、秋山本人はキャラ通りのコメント


外山「秋山選手が今までやってきたことを言われても、それは彼のやり方。ただ人間的には合わないタイプの人と思うんで、心おきなくケンカをしていこうと思います」と、きっぱり宣言。「友達にはなれないんじゃないか」と秋山を評した。

スポナビ記事


と、プロとして試合を盛り上げようとする外岡。その意気やよし!


対する秋山は?


「ケンカを売られた、そういう気持ちはありますけど、ルールのあるスポーツのケンカだとは思ってますけど。まぁ昔、よく(ケンカは)やってましたけどね」と苦笑

「普段同様、自分らしく一生懸命にやりたいと思っています。よろしくお願いします」

Dream公式記事


やや大人の対応を見せる秋山。運営サイドから求められている役どころを心得て、あえて余裕を見せているのか?

それともやはり、この人は「天然」なのだろうか!?


ところで、外岡には秋山の練習仲間であった過去がある。おまけに総合格闘技での実績は過去二戦。そんなこともあって、「困ったときの正道会館頼み」「友達同士の試合か」「寝技に持ち込む秋山があっさり一本勝ちするだろう」と揶揄する声も聞こえてきそう。


じっさい僕も、外岡選手のことはほとんど知らなかったので、あらためて過去の試合とか調べてみた。



★外岡真徳の戦績と試合内容


・全日本空手道選手権のウェイト制オープントーナメントで数々の優勝を収めた。

・2006年10月、MARSにて、キックルールでニコラス・ペタスの弟子、ウィル・リーバをKO寸前まで追い詰めた。

・正道会館副館長で、総合格闘技師範でもある金泰泳の影響で、総合のトレーニングを開始(この時期に、秋山と共に練習に励んでいたと思われる)。

・2007年10月、HERO'Sソウル大会にて総合デビュー。崔領二の兄・RYO(グラップラー)のフック・ストレートが決まり、レフェリーストップでTKO負け。総合初戦で緊張していたのだろうか。

・2008年7月、DEEP vs 正道会館の対抗戦に出場。フックと膝でYABUを追い込み、レフェリーストップによるTKO勝ち。


最後の試合は、同大会でもっともインパクトのある試合だったとも言われており、外岡はストライカーとしての本領をプロのリングで発揮したと言えるだろう。



★秋山の戦い方次第では好勝負に


さて、気になるのは、元より打撃に自信のある秋山の戦い方。柴田勝頼戦のように、試合開始後数分は様子を見て、その後、一気に勝負に出るならおもしろい。それなら外岡の勝機は十分にある。


だけど、おそらく秋山は最初からグランドに持ち込むんじゃなかろうか。というのも、HERO'S 2006ライトヘビー級トーナメントで、秋山は、外岡との共通の師匠・金泰泳と対戦している。この試合の秋山は、打撃で口火を切ったものの、すぐに金をテイクダウンした。なおこの試合、一旦は秋山の一本勝ちとなったものの、タップしていないという金の主張が認められ、秋山が判定勝利したという少々後味の悪い結末となった。

秋山vs金泰泳 by スポーツナビ



★秋山vs外山を確実におもろー!な試合にするならこの秘策を


以前から思っていたんだけども、タイトルと関係のないワンマッチの場合、ルールを柔軟に制定してもいいんじゃなかろうか?


たとえば今回の場合、外岡はグローブ着用の義務無し、秋山の寝技は30秒以内とか。


そういえば、昔はルールの制定にも交渉を重ねて、その経緯がひとつのドラマになっていた。

そのクライマックスが試合だ。

いわば、試合は大河ドラマの最終回みたいなもんだ。

会場もお茶の間も、盛り上がって当然ではないか。


ということで、タイトル戦を前提としたランキング制があるわけでもないし、そこらへん、おもろー!な試合になるようにルールをデザインしてもいいんじゃないかな?


ガチガチの総合ファンの一部からは不評を買うかもしれないけども、ライトな格闘技ファンや一般層には喜んで受け入れられると思うんだが、どうでしょう?



★その他気になる記事


山本尚史選手が新日本プロレスを退団、WWEの所属に by 新日公式サイト
・・・若手時代は何をめざしているのかイマイチわかりづらかった山本だが、いつのまにやら大出世。WWEに爪あとを残してこい!がんばれ!


バダ・ハリの最新インタビュー翻訳 by かかとおとし
・・・「オスタジックと俺では格が違う. 結果的に 5秒に終わったことだけだ. 俺が言ったその通りさ」・・・さすがのコメント。試合もアグレッシブでしかも強いから言うこと無し!うるさ型で知られる前田日明さんが絶賛するのも当然でしょう。日本人にもこういう格闘家が2、3人ほど出てくれば、もっと格闘技界も盛り上がるのになあ。


DREAM未払い問題続報 by GAME AND MMA
・・・こんなウワサが流れるような状況になってること自体、イメージダウン。制作費を少し削ってでも対処すべきことがあるのではないか・・・というのは素人考えかな。

エバン・タナーの冒険 by OMASUKI FIGHT
・・・この記事を読んで、せつないけど、ちょっと嬉しくなった。不謹慎かもしれないけどね。
なんだか大昔に活躍した伝説のプロレスラー達みたいな生き様ではないか。。。ときどき生死を賭けて何かバカバカしいことをやってみたくなる。そういうの、ものすごくわかります。晴れ

人気ブログランキングへ


ラベル:dream
posted by おも格 at 03:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。